専業トレーダーとは

 

『専業トレーダー』とは

英語表記:Full-time trader

『専業トレーダー』とは、FXの収益だけで生計を立てるトレーダーの事を言います。

主たる収入源がFXでも、他の職種に携わっていたり少しでも他の収入があるなら『専業トレーダー』とは言えません。

あくまでFXだけを職種としているトレーダーの事を言います。

専業トレーダーとは
兼業トレーダーとは

『兼業トレーダー』とは

英語表記:Part-time trader

FX以外の本業を持ちながらトレードを行う人を『兼業トレーダー』と言います。

またFXを主業としていても、FX以外の職種を1つ以上持っているなら『兼業トレーダー』扱いになります。

これはFXでの収入が、他の職種より生計を占める割合が多くても関係ありません。

専業トレーダーとは
専業と兼業の違いとは

『専業トレーダー』と『兼業トレーダー』の違い

『専業トレーダー』と『兼業トレーダー』の違いですが、現在はハッキリと分別されています。

FXを含め、2つ以上の職種を持てば『専業トレーダー』とは言えません。

また仮に生計を立てる内訳として、FXでの収入が他の収入より多くてもそれは『専業トレーダー』という区分付けにはならないという事です。

あくまで『兼業トレーダー』扱いとなります。

専業トレーダーとは
殆どの『専業トレーダー』は勝っていない

『専業トレーダー』達の厳しい現実

『専業トレーダー』と聞くと、恰も『お金持ち』とか『成功者』のイメージか強いかも知れませんが、しかしFXで継続して勝ち続ける『専業トレーダー』の数は非常に少ないのが現実です。

『専業トレーダー』以前はサラリーマンや自営業といった方達も多く、この時期に蓄えた資金等を使い『専業トレーダー』になった方達が多く存在します。

またこういった方達の多くは、『専業トレーダー』になった以降も継続して勝ち続ける事が難しく、蓄えた資金を食い潰しながらトレードを行っているのが現実です。

残念ながらこういった方達の多くが、結局はFXで生計を立てる事無く、早い方で数か月、長くても数年で『専業トレーダー』を辞める方が殆どだと思って下さい。

 


勝ち続ける『専業トレーダー』は極少数

多くの『専業トレーダー』は、専業前にFXを勉強し、様々な手法を持って『専業トレーダー』の道を歩み始めます。

この時ばかりは『継続して勝てる』と思い込み、持ち前の手法を持って『専業トレーダー』になるのですが現実はそう甘くありません。

こういった方達の殆どが、偶然勝った手法等で『専業トレーダー』の世界に飛び込んできます。

こういった手法等は、その時々の相場と単に相性が良かったに過ぎないのです。

専業トレーダーとは
収支が右肩上がりなら専業へのチャンス

『専業トレーダー』への切符は右肩上がりの収支が必須

私は現在プロトレーダーして生計を立てています。

FX以前の株や先物を入れ約30年以上の取引実績を有します。

私の周りでは、いわゆる『勝ち組』と称される方達も相当数いるのも事実です。

私を含め、こういった方達の手法は一朝一夕で成し得るものではございません。

師匠を持つ方で3〜5年、独学の方は10年以上かけて実績をだされています。

FXを始め、殆どの個人トレーダーは勝てることなく相場から去っていくのが現実です。

これを見る方で、もし『専業トレーダー』を志す方がいらっしゃるなら、ここに書き示した現実を先ずは捉えて下さい。

あなたが『専業トレーダー』を目指すなら、FXの年間収支が右肩上がりになってからの移行を勧めます。

少し勝てたからといって『専業トレーダー』になるのは無謀だという事をココへ書き留めて置きます。

専業トレーダーとは
一般情報で勝てるほどFXは甘くない

FXは一般入手できる『情報』では勝てない

皆さんが一般で入手できる情報等で、FXで継続して勝つことは無理だという事も書き留めて置きます。

こういった類の情報を使い、単発で勝つことはあっても継続して勝てる事はありません。

私を含め、周りで成功した『勝ち組』の方達は、こういった一般で入手できる手法等では一切トレードを行っていません。

 


まとめ

たいへん厳しい内容を書き留めましたが、私の知る『専業トレーダー』の現実を簡単にまとめてみました。

FX界隈を見ると、恰も成功者が沢山いるかのように見えてきますが余り鵜呑みにされないようにして下さい。

実際にはごく一部の方しか稼げない現実がある事を知っておいて下さい。

巷では個人トレーダー全体の1割から2割の方が成功できるといった間違った情報が流れています。

しかしFXの現実は、100人が始めても相場に残れる方は1〜2名だと言って良いでしょう。

この1~2名の方も、あくまで相場に残れたというだけの話です。

『継続して勝ち続けるトレーダー』の数はここから更に精査されていきます。

皆さんが思う以上に『継続して勝ち続けるトレーダー』の数が少ないのが真実です。

 

専業トレーダーとは

【関連記事】

TOPページ