専業トレーダーとは

『専業トレーダー』とは

専業トレーダーとは、主にFXの収益で生計を立てるトレーダーの事を指します。仮にFXの収益以外で収入があったとしても、主たる収入がFXなら、それは『専業トレーダー』と言って良いでしょう。

但しFX以外の収入がFXと同等、もしくは上回るようなら『専業トレーダー』とは言いません。

英語表記:Full-time trader


『専業トレーダー』と『兼業トレーダー』の違い

『専業トレーダー』と『兼業トレーダー』の違いですが、現在ではハッキリと区分付けされています。幾つかの職種を持ち、生計を立てる内訳としてFXでの収益が一番多くても、それは『専業トレーダー』という区分付けにはなりません。あくまで『兼業トレーダー』扱いとなります。

 


『兼業トレーダー』とは

FX以外の職種を1つでも持っているなら『兼業トレーダー』となります。FXでの収入が、他の職種より生計を占める割合が多くても関係ありません。

英語表記:Part-time trader


『専業トレーダー』の厳しい現実

『専業トレーダー』と聞くと、恰も『お金持ち』とか『成功者』のイメージか強いかも知れません。しかし現実にはFXで継続して勝っている『専業トレーダー』の数は非常に少ないのが現実です。

『専業トレーダー』以前はサラリーマンや自営業といった方達も多く、この時期に蓄えた資金等を使い『専業トレーダー』になった方達が多く存在します。

またこういった方達の多くは、『専業トレーダー』になった以降も継続して勝つ事は無く、蓄えた資金を食い潰しながらトレードを行っている現実が多く見受けられます。

こういった方達の多くはFXで生計を立てる事無く、早い方で数か月、長くても数年で『専業トレーダー』を辞める方が殆どだと思って下さい。


『専業トレーダー』になる甘い考え

多くの『専業トレーダー』は、専業前にFXを勉強し、様々な手法を持って『専業トレーダー』になります。もちろんこの時ばかりは持ち前の手法で継続して勝てると思い込み、相場へ飛び込んでくるのですが現実は甘くありません。

何故なら、こういった方達の持つ手法等は根拠が薄く、FXで継続して勝つには非常に困難な手法だからです。

『専業トレーダー』になる前に、たまたま数回(長い方で数か月間)勝った手法等で『これは行けるぞ!』的な感覚で相場へ飛び込んできます。こういった手法等は、偶然に勝ったその時の相場と単に相性が良かったに過ぎないのです。


『専業トレーダー』になるには最低3年の下積み期間が必須

私は現プロトレーダーして生計を立てている『専業トレーダー』の一人でもあります。FX以前に株や先物を入れ約30年の取引実績があります。

周りでは、いわゆる『勝ち組』と称される方達も沢山おられます。私を含め、こういった方達の成績は一朝一夕で成し得るものでは決してございません。

早い方で3〜5年、遅い方は10年以上かけて実績をだされています。ココで勘違いされないように注意して頂きたいのが、決して時間を掛けてFXを継続したからといって実績が証明されるものではありません。

実際には殆どの方(私の主観ですが9割以上だと思います。)がFXに失敗し、去っていくのが現状です。これを聞いてビックリされる方が多いと思うのですが、これがFXの真実でもあります。

これを見る方で、もし『専業トレーダー』を志す方がいらっしゃるなら、ココに示した現実を捉えて下さい。あなたが今『兼業トレーダー』なら、FXでの年間収支が右肩上がりになってから『専業トレーダー』への移行を勧めます。

少し勝てたからといって『専業トレーダー』になり、悲惨な現実を目の当たりにして去っていく方達を私は沢山見てきました。


一般で入手できる知識や教材でFXは勝てません

これもショッキングな内容ですが真実です。一般の皆さんが入手できる情報等ではFXで継続して勝つことは無理だと言っても良いでしょう。

こういった類のものは単発で勝つことはあっても継続して勝つことはありません。私を含め周りで成功した『勝ち組』の方達は、こういった一般の方が入手できる情報等ではトレードを行っておりません。

私のブログサイトには、継続して勝てる重要なヒントを多数掲載しております。興味があればご一読ください。


まとめ

『専業トレーダー』の現実を簡単にまとめてみました。これを見て、信用するかどうかはあなた次第です。FX業界では恰も成功者が沢山いるかのように装う現実があります。しかし実際にはごく一部の方しか稼げない真実があるのです。

【関連記事】

TOPページ