FXの『テクニカル分析』とは

FXの『テクニカル分析』とは

FXの分析方法は大きく分けて以下に示す2つから成ります。

  • テクニカル分析
  • ファンダメンタルズ分析

『テクニカル分析』とは

『テクニカル分析』とは、過去の『価格推移(値動き)』を使い分析する方法です。

また『テクニカル分析』の根底には、『過去における値動きの再現性』が基になっており、過去に同じようなチャートパターンがないかを探しだし、これを使って未来の『値動き』を予測するものです。

fx、テクニカル分析とは
テクニカル指標も種類が豊富

『テクニカル指標』とは

『テクニカル指標』とは、『テクニカル分析』を行うに当たり、『過去の値動き』を数値化し、また視覚的にも捉えやすくした『指標』の事を言います。

有名な『テクニカル指標』、5点をピックアップします。

上に示す『テクニカル指標』は、いわゆる『買われ過ぎ』や『売られ過ぎ』といった売買タイミングを視覚的に捉えやすくした指標です。

『テクニカル分析』は時間軸に依って異なる

皆さんが目にする『チャート』ですが、縦軸は『為替レート』、横軸は『時間軸』になります。

この『時間軸』を大きく分け、『短期』、『中期』、『長期』と見る事が出来ます。

一般に『短期』は分足(ローソク足)から『時間足』、『中期』は『時間足』から『日足』、『長期』では『日足』から『週足』、長いものでは『月足』と、そのトレードスタイルによってチャートの『時間軸』の見方が異なります。(※トレードスタイルとは『スキャルピング(短期)』、『デイトレード(短・中期)』、『スイング(中・長期)』、『ポジション(長期)』の事を指します)

例えば『短期』で上昇トレンドでもあっても、『中期』では『下降トレンド』の『戻り目』だったりもするのです。

狙う『値幅』を考えた場合、取引を行うトレーダーが、どの『時間軸』を重きに置くかで勝敗が変わってくると言っても過言では無いでしょう。

各『時間軸』によって、『テクニカル分析』の内容が180度変わる可能性があると言う事です。

また『テクニカル指標』も、どの『時間軸』に落とし込みするかがトレードの重要なカギになります。

『ファンダメンタルズ分析』とは

『ファンダメンタルズ分析』とは、その通貨を発行する国々の経済状況や要人発言等により、相場がどう動くかといった分析の事を言います。(詳しくはココをクリック)

 

TOPページ

fx、ファンダメンタルズ分析とは