【デイトレーダーとは】わかりやすく解説

『デイトレーダー(デイトレード)』とは

『デイトレード』とは、わかりやすく言うとポジションを保有した、その日の内にトレードを完結(決済)するといった『トレードスタイル』の事を指し、この『デイトレード』を行うトレーダーを『デイトレーダー』と呼びます。

『デイトレード』は、『スイングトレード』に比べると限られた時間内でのトレードとなる為、随時チャートへの監視が必要とされる『トレードスタイル』です。

こういった事情背景もあり、『デイトレード』は『専業トレーダー』向けと言われ、本業を持つ『兼業トレーダー』には不向きだと言われる『トレードスタイル』でもあります。

デイトレーダーとは、分かりやすく
スマホで簡単に『デイトレード』が出来る時代

『デイトレード』は専業トレーダー向け

『デイトレード』は、『兼業トレーダー』には不向きだと解説しましたが、中には好んで『デイトレード』を行う『兼業』の方もいます。

また今回の『コロナ禍』の中、経済的な事情もあり、『主婦』の間で『デイトレード』の人気が鰻上りだともお聞きしました。

昨今ではスマホの『デイトレードアプリ』の普及もあり、簡単に取引が行えるのも人気に拍車がかかった要因だと言われています。

『主婦』の方はさておき、『兼業』の方なら仕事の最中にチャートやポジションチェックを行う事になり、本業への影響も大なり小なり出てくるものです。

『スイングトレード』は、急な『ファンダメンタルズ』等の影響の対処が難しいトレードスタイルなのに対し、『デイトレード』は相場を随時監視する事で対処が出来るトレードスタイルというメリットがあります。

しかし『兼業』の方が『デイトレード』を行い、相場を随時監視する事は不可能に近いでしょう。

本業を持ちながらの『デイトレード』は2足の草鞋を履くことになり、取引で失敗すれば本末転倒にもなり兼ねません。

私が『兼業トレーダー』の方に『デイトレード』は推奨できない理由はこういった背景があります。

本業を持ちながら『デイトレード』を行い、片手間で稼げるといったFXでは無い事をご周知下さい。

デイトレーダーとは、分かりやすく
『ストップロス』は命綱

『デイトレード』では『ストップロス』の設定が必須

『デイトレード』でのポジションは、長くて丸1日保有する事になります。

スキャルピング』に比べ、圧倒的にポジションの保有時間が長くなり、これに伴いトレード中における『ファンダメンタルズ』等の要因リスクも負うカタチになります。

こういった事情もあり、『デイトレード』では必ず『ストップロス』の設定が必要となる事を覚えておきましょう。

デイトレーダーとは、分かりやすく
『デイトレード』のメリット

デイトレード』のメリット

『デイトレード』とは、ポジションを持ったその日のうちにトレードを完結する『トレードスタイル』です。

ポジションを長期間保有する『スイングトレード』や『ポジショントレード』にありがちな『不安感』を極力抑える事が出来る『トレードスタイル』と言っても過言ではないでしょう。

またポジションを持ったその日の内に決済を行うので収支が日々確認でき、身に付く『トレード力』を数値化して確認出来るのもメリットです。

あと相場を随時監視する事で、『ファンダメンタルズ』等における相場の大きな動きにも対処できる『トレードスタイル』にもなります。

デイトレーダーとは、分かりやすく
『デイトレード』のデメリット

デイトレード』のデメリット

『デイトレード』は、『スイングトレード』や『ポジショントレード』に比べ、相場の細かい動きで利益を重ねていく『トレードスタイル』なのでチャートへの監視が随時必要です。

また『スキャルピング』に比べ、『ストップロス』の位置を深く設定する必要があり、これに伴い『レバレッジ』や『ロット』の管理、つまり資金管理が重要になる『トレードスタイル』とも言えるでしょう。

 

デイトレーダーとは、分かりやすく

【関連記事】

TOPページ