【デイトレードとは】わかりやすく解説

『デイトレード(デイトレーダー)』とは

『デイトレード』の意味合いですが、わかりやすく言うとポジションを保有した、その日の内にトレードを完結(決済)するといった『トレードスタイル』の事を指し、また『デイトレード』を行うトレーダーを『デイトレーダー』と呼びます。

スイングトレード』に比べると、限られた時間内でのトレードとなる為、随時チャートへの監視が必要とされる『トレードスタイル』となります。こういった背景もあり、トレード以外にお仕事を持たれる『兼業トレーダー』の方には不向きとされる『トレードスタイル』です。


『デイトレード』は専業トレーダー向け

『デイトレード』とは、その日のうちにポジションを決済するトレードスタイルと先述しましたが、トレード以外にお仕事を持たれている『兼業トレーダー』の方でも、中には好んで『デイトレード』を行っている方もおられます。

また今回の『コロナ禍』の中、主婦の方にも大変人気が上がってきたみたいです。昨今ではスマホでのデイトレードアプリの普及もあり、簡単に取引が行えるのも人気に拍車がかかった要因だと言われています。

しかし兼業の方は、お仕事の最中にチャートやポジションチェックを行う事になり、本業への悪影響も大なり小なり出てくるものです。

『スイングトレード』は、急な『ファンダメンタルズ』等の影響による相場の乱高下への対処が難しいトレードスタイルなのに対し、『デイトレード』は、相場を随時監視する事で対処が出来るトレードスタイルというメリットがあります。

何か職業を持たれながらの『デイトレード』は2足の草鞋を履くことになり、取引で失敗すれば本末転倒にもなり兼ねません。

『兼業トレーダー』の方へ『デイトレード』は推奨できない理由はこういった背景があるからです。お仕事を持たれながら、『デイトレード』で片手間で稼げるなどFXは甘くないのをご周知下さい。


『兼業トレーダー』にはオーバーナイト取引がお勧め

『兼業トレーダー』の方は、日中は本業をシッカリとこなし、就業後に集中してトレードを行う事を推奨します。

『デイトレード』なら、お仕事が終わってからだと限られた時間内でのトレードになります。相場はあなたに合わせて動いてはくれませんので、チャンスにもなかなか出会えない可能性があります。

こういった方には『オーバーナイト取引』を推奨します。『オーバーナイト取引』とは、日を越えてのトレードです。

但し、サラリーマン等の方が毎夜このトレードスタイルでトレードを行うと寝不足になり、日中のお仕事に支障がでれば本末転倒です。

『オーバーナイト取引』を行うなら、週1〜2回ペースで無理なくトレードする事を推奨します。

※『オーバーナイト取引』では、特徴的なリスクが生じます。詳しくはココをクリックして下さい。あと『オーバーナイト取引』は、『ニューヨーク市場』での取引がメイン(ロンドン市場も影響あり)となります。癖の強いマーケットでもあるので市場分析も必須です。併せてココもお読みください。

ダウ理論を使った『デイトレード』とは

デイトレードとは、わかりやすく
ダウ理論を使った『デイトレード』のイメージ/アップトレンド

上の参照図をご覧ください。『ダウ理論』を使った上昇トレンドでの定義を示したものです。FXでのトレードは、相場の流れに合わせた『トレンドフォロー』が基本です。今回解説する『デイトレード』も他ではありません。『デイトレード』で『逆張り』を行うには、それ相応の強い根拠が必要です。FX初心者等はリスクを抑える為にも『デイトレード』では『トレンドフォロー』を基本としたトレードを行うよう心掛けましょう。

デイトレードとは、わかりやすく
ダウ理論を使った『デイトレード』のイメージ/ダウントレンド

上の参照図は、『ダウ理論』を使った下降トレンドでの定義を示したものです。


『デイトレード』ではトレンド&チャネルラインも有効

デイトレードとは、わかりやすく
上昇トレンドでの『トレンド&チャネルライン』もデイトレードでは有効

上の参照図は、上昇トレンドでの『トレンドライン』と『チャネルライン』を使用したチャート図です。ダウ理論を使った、『デイトレード』での『トレンドライン』と『チャネルライン』もトレードでは有効です。

デイトレードとは、わかりやすく
下降トレンドでの『トレンド&チャネルライン』もデイトレードでは有効

上の参照図は、下降トレンドでの『トレンドライン』と『チャネルライン』を使用したチャート図です。


『デイトレード』では『ストップロス』の設定を行う事

『デイトレード』では、長くて丸一日ポジションを保有するカタチになります。『スキャルピング』に比べ、圧倒的にポジションの保有期間が長くなり、これに伴いトレード中の『ファンダメンタルズ』等のリスクも大きくなります。

こういった背景もあり、『デイトレード』では必ず『ストップロス』の設定を行うように心掛けましょう。


『デイトレード』のメリット&デメリット

『デイトレード』とは、ポジションを持ったその日のうちにトレードを完結する『トレードスタイル』です。ポジションを長期保有することなく、その日の内に決済を行うので収支が日々確認できるトレードでもあります。

『スイングトレード』に比べ、相場の細かい動きで利益を重ねていくトレードとなるのでチャートへの監視も随時必要となります。

また相場を随時監視する事で、『ファンダメンタルズ』等における相場の大きな動きにも対処できるトレードにもなります。

しかし、相場を随時監視する事が必要なので、トレード以外にお仕事を持たれる『兼業トレーダー』の方には不向きな『トレードスタイル』とも言えるでしょう。

また、『スキャルピング』に比べ、ストップロスの位置も深く設定する必要があり、これに付随した『レバレッジ』や『ロット』の管理、つまりは資金調整や資金管理が必須となる『トレードスタイル』でもあります。

【関連記事】

TOPページ