【移動平均線とは】わかりやすく解説

『移動平均線』とは

FXでトレードを行うなら『移動平均線』は必ず知っておくべき重要な項目でもあります。今回は初心者の方にでも『移動平均線』をわかりやすく解説し、また『移動平均線』を使用した手法等もご紹介させて頂きます。

『移動平均線』を簡単に説明すると、何日分かの終値の合計を、その間の日数で割った数値を線で結んだものと理解して下さい。

この『移動平均線』を使う事により、相場観を養うことができるテクニカル指標にもなります。

別ブログでトレードにおける終値の重要性を書いていますので、是非こちらもご一読ください。


『移動平均線』の種類

FXで使用する『移動平均線』には大きく分け、3種類の『移動平均線』があります。

  1. 単純移動平均線(SMAもしくはMAとも呼びます)
  2. 加重移動平均線(WMA)
  3. 指数平滑移動平均線(EMA)

私が平均線で使っているのは①の単純移動平均線と③の指数平滑移動平均線です。

デイトレードがメインなので、直近、値動きの平均値を知るテクニカル指標として使っています。

ただ私の場合、この『移動平均線』は稀に画面上にだしているだけで、これを用いてのトレードは一切致しません。

相場の環境認識の補助ツールとして見るぐらいです。

どの平均線を使うかは、扱うトレーダーの考え方や手法によって様々です。

単純にどれが良いとかは賛否出来ないのが実情です。

初心者の方に特に注意して頂きたいのですが、この『移動平均線』だけでのトレードは絶対に行わないで下さい。

よくSNS等で、この『移動平均線』だけを使った手法が公開され、あたかも勝てるような間違った印象を与える情報が多数あります。

この手法単体だけでは継続して勝てませんので気を付けて下さいね。

もし『移動平均線』をトレードで使用するなら、他のテクニカルなど根拠ある手法と組み合わせて使いましょう。

組み合わせる手法は、このページや外の記事にも掲載していますのでご参考までに。

では本題に戻します。


移動平均線の算出方法

例えは5日間(5MA)の単純移動平均の場合・・・

(当日終値 + 前日終値 + 2日前終値 + 3日前終値 + 4日目終値)÷5 = 5MA となります。

つまりは直近5日間の終値の合計を5(5日間)で割った数値です。


では、次に『移動平均線』の入ったチャートを見てみましょう。

移動平均線とは、わかりやすく
移動平均線の入ったチャート図

画像はドル/円の5分足チャートへ20日移動平均線を挿入したものです(画像クリックで拡大)

どうでしょう、みなさんご覧になられて・・・

良く見るとローソク足の動きと連動しているのが確認出来ます。

『移動平均線』に入る数値(過去の終値)が、ココでいかに効いているのが分かります。

ではもう少し掘り下げて見てみましょう。

ローソク足の下に移動平均線がある時は上昇トレンドを形成しているのが分かります。

先述しましたが、移動平均線は、ある一定期間の価格(終値)の平均値です。

『移動平均線』より上で価格が推移しているということは、その期間で買った人ほぼ全員が利益をだせたということです。

この為に売り注文が少なくなり買い注文だけが増え、結果上昇トレンドを形成するのです(下落トレンドは、この逆となります。)

では引き続き画像を見ていきましょう。

ローソク足の上に『移動平均線』がある時は下降トレンドです。

ではローソクと『移動平均線』が重なったポイントはどうでしょう?

そうです、もみ合い相場・・・いわゆるレンジ帯です。

こういった感じで、今の相場がどう動いているかザックリと見て頂けたら良いでしょう。

初心者の方はローソク足だけのチャートを見ても方向感は掴めません。

この『移動平均線』をチャートに取り入れるだけで、だいたいの方向感は認識でき、トレードも随分楽になると思います。


移動平均線を使った『パーフェクトオーダー』

私も以前は、この『パーフェクトオーダー』を手法に取り入れた時期もありました。

現在は独自のロジックで取引しており、こういったインジケーターは使っておりませんが、『移動平均線を使った手法の中でも、この手法は他の手法と組み合わせれば結構使えるインジケーターの一つです。

初心者の方等はバックテストを介して検証してみて下さい。


『パーフェクトオーダー』とは

『パーフェクトオーダー』とは3種の『移動平均線』が、チャート上で一定方向、且つ規則通りに並びトレンドが発生している状態の事を指します。

『パーフェクトオーダー』を確認するには、下記に示す3種の『移動平均線』を使います。

  • 短期移動平均線
  • 中期移動平均線
  • 長期移動平均線

『パーフェクトオーダー』で使用する移動平均線の種類

では下記参照図をご覧ください(画像をクリックすると拡大)

移動平均線とは、わかりやすく
移動平均線を使用した『パーフェクトオーダー』

ドル/円の5分足チャートです。

この参照図にある『移動平均線』

  • 20日移動平均線/短期/青ライン
  • 75日移動平均線/中期/赤ライン
  • 200日移動平均線/長期/紫ライン

※始め20日、75日、200日の設定はデフォルトでも大丈夫です。慣れてくればデフォルトにこだわらず、いろんな数値を設定し反応を見て下さい。こういった作業から何らかの『気づき』があるかも知れません。

では、黒枠の中をご覧ください。

枠左側から上記3種の各『移動平均線』が徐々に集まりだし、ローソク足にぶつかり始めたのが確認できます。

『移動平均線』とローソク足がぶつかりあう場所はレンジに入る可能性が高いという事です。

レンジ帯では、『パーフェクトオーダー』のフォーメーションを組んでも全く機能しませんので注意が必要です。

レンジ帯の確認方法として、長期移動平均線(200日)がほぼ横ばい状態になる事も覚えておきましょう。

次にレンジ帯を抜け出し(ローソクを抜けるポイント)、一番上にあった20日移動平均線(青ライン)が急下降し、一番下に出てくるのが確認できます。

この時の『移動平均線』の並び方(配列)は下から20日(短期)中心が75日(中期)上が200日(長期)です。

この並び方(配列)が『パーフェクトオーダ』時の必須条件となります。(上昇トレンドは逆配列)

では、この時の各移動平均線の方向性はどうでしょう?

3種とも斜め下方向に傾いているのが確認できます。

これも必須条件ですので覚えて下さい。

今度は20日移動平均線(青ライン)が75日移動平均線(赤ライン)を超えるあたりのローソクの動きを見て下さい。

一挙に下降を始めているのが確認できます。

トレンドが強くなりだしたという事象です。

その後もトレンドが継続する状況の中、3種の『移動平均線』も『パーフェクトオーダー』のフォーメーションを組んでいるのが確認できます。

『パーフェクトオーダー』が形成された時、その性質上トレンドは長く継続されます。

逆に言うと、短い期間のトレンドでは『パーフェクトオーダー』は形成されにくいという事です。

あと、ここで一つ注意したいのがトレンド発生時での『移動平均線』の傾きです。

『パーフェクトオーダー』では『移動平均線』の傾きがキツければキツいほどトレンドが強いということ。

またこういった事象は更にトレンドが長く継続する傾向があるということを覚えておきましょう。


『パーフェクトオーダー』のマトメ

1.各移動平均線の方向性

1本でも異なった方向を向いているなら『パーフェクトオーダー』ではありません。トレードを行っても根拠の薄い手法となります)

2.各移動平均線の並び方(配列)

  • 下降トレンドなら下から順に短期・中期・長期
  • 上昇トレンドなら下から順に長期・中期・短期

3.その場所にトレンドは発生しているのか?

4.オーダーは必ずトレンドフォロー(順張り)で入ること。

5.この手法だけでトレードは行わないこと。


ゴールデンクロスを使った手法

『移動平均線』を使ったゴールデンクロス、デッドクロスも覚えておいて損はない手法です。では初心者でもわかりやすく解説していきます。

ゴールデンクロスとは

短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上にクロスする事象を指します。

デッドクロスとは

同じく短期の移動平均線が長期の移動平均線を上から下にクロスする事象を指します。

注意したいのが、FXの一般常識としてゴールデンクロスとデッドクロスは相場の転換期だと思われている方は注意して下さい。

あくまでゴールデンクロスとデッドクロスは、 相場に転換期が訪れるかも知れないという、一つの予兆としての可能性があるということです。

平均線がクロスしても転換しない相場は山ほどあります。

間違ってもクロスしたからと言って転換期が訪れる訳ではないのでトレードには注意して下さい。

トレードするにあたっての、一つの指針ぐらいに留めておいた方が良いと思います。


チャートで見る『デッドクロス・ゴールデンクロス』

下記参照図をご覧ください。

移動平均線とは、わかりやすく
ゴールデンクロス

ドル/円の1時間足チャートに移動平均線(20日/青・75日/赤)を重ねたものです。

左右にある矢印はデッドクロス、中央はゴールデンクロスです。

では、この図を使って解説していきます。

『デッドクロス』と『ゴールデンクロス』を使った手法

画像、左のデッドクロスをご覧ください。

下から上にあがってきた20日移動平均線(青)が、先ずローソクに当たり突き抜けてローソク下に一旦抜け、大陰線の中に入って、抜けると同時に75日移動平均線(赤)とデッドクロスし、その後下降しています。

この際のエントリー法は

  • デッドクロスが確定後
  • トレンドの発生後

次に下降を終えたロウソクが上昇しつつ20日移動平均線へ陽線でタッチします。

この時が利確のタイミングです。

ゴールデンクロスはこの逆です。

では次の参照図を見て下さい。

レンジの確認方法
移動平均線とは、わかりやすく
レンジ帯

ドル/円の1時間足チャートです(MAのデフォルトは先程と同じ設定)

短・長期移動平均線の両方がローソクにぶつかり合っているのが確認できます。

ではローソクの動きはどうでしょう。

MAと同じく横ばいの状態です。

いわゆるレンジ帯に入ったのがコレで確認できます。

初心者の方は、このパターンを覚えておいて下さい。

レンジ帯でのトレードは知識と経験が必要となります。

初心者の方がこういった場面でトレードを行っても勝つのは難しいのが実情です。

こういった場面ではトレードを行わず静観された方が良いでしょう。

パーフェクトオーダー同様に、この『ゴールデンクロス』や『デッドクロス』単体を使った手法だけで勝つのは困難です。

あくまで他の手法と組み合わせることによって使えるテクニカルだという事をご周知下さい。


【MACD】使い方と設定方法を解説

『ローソク足』の実体の大きさと、『MACD(マックディー)』を組み合わせた簡単なテクニカル手法を紹介します。

『MACD』とは

『MACD』とは、短期の移動平均線と中長期の移動平均線を使用し、買いと売りを判断する手法の事を言います。日本語では移動平均収束拡散手法と呼ばれています。

前項で解説した手法と同様、『MACD』だけで勝ち続けるには難しいですが、トレードで一つの根拠と捉えるには十分に試す価値があります。

最初は過去チャートでバックテストを何度も繰り返して下さい。

『MACD』の使い方と設定方法にある程度慣れ、根拠が持てたらリアルトレードでトライしても良いでしょう。

では下記参照図をご覧ください。

移動平均線とは、わかりやすく
macd

ドル円/1時間足チャートです。

チャート下に『MACD』をだしています。

『MACD』の設定はデフォルトです(短期:12 長期:26 シグナル:9)

みなさんのチャートにも、『MACD』のインジは組み込まれていると思うので、一度チャート画面に出してください(初心の方は『MACD』の数値はデフォルトでOKです。)

では参照チャートの左側、赤枠で囲んだポイントを見て下さい。

ローソク足の実体が大きくなっているのが確認出来ます。

それ以前のローソクの実体とは、明らかに大きさが異なる実体が陽線で出現しています。

では、その下にあるMACD画面を見て下さい(チャートにある↓矢印付近)

大きな実体を伴う陽線の出現前に、『MACD』ラインがゴールデンクロスを形成しているのが確認できます。

その後、ローソクの実体が大きく出現します。

エントリーするなら、この実体の大きいローソク(1時間足)が確定後が良いでしょう。(※上達すれば、下位足に切り替え、細かく動きを追いながらエントリーします。)

次に参照画像の右側、赤枠を見て下さい。

先程と同じパターンで、MACDがゴールデンクロスを示し、その後大きな実体の陽線が出現します。

その後、高・安値を更新しながらアップトレンドへと突入して行きます。

このように至ってシンプルな手法なのでバックテストで検証して使えそうならリアルトレードで是非試してください。


『MACD』のマトメ

前項で紹介した手法や、この『MACD』も単体で勝ち続けることは不可能です。

初心者の方は、こういったテクニカルの一つ一つをご自身で検証し、使えそうなら他の手法や理論とを組み合わせて使うのがベストだと思います。

もちろん組み合わせ等のルールなんてありません。

どんな組み合わせでも自由です。

こういった緻密な検証作業を経て、独自の手法へと変貌する可能性があるので諦めないで頑張って下さい。

※『移動平均線』の基になる、『ローソク足』を詳しく解説した記事はココをクリック!

TOPページへ