【FX必勝法】待つことが大事

FXの必勝法とは『チャート』へシナリオを描ける事

FXで『勝ち組』と称されるトレーダーは、オーダー(入口)するポイント利確(出口)するポイントが明確な方ばかりです。

これはチャートにシナリオを描けるのが理由です。

私自身も勝てない時期は、どこで入って、どこで切れば良いのか殆ど分からない状態でトレードを行っていました。

私の ロジック は中・長期足の環境認識で方向性を先ず確認し、中・短期足で細部を詰めていくといった手法です。

中・長期での方向性に関しては高確率で確認出来ますが、中・短期足での詰めは細かな作業を要するので凡ミスが多いのも否めない事実です。

しかし、方向性をシッカリと見据えているロジックなので、中・短期足で間違った方向にエントリーすれば躊躇なくドテンで回避もできます。

これはシッカリと、根拠あるシナリオが描けるトレーダーに限った話です。

未だシナリオが描けないというトレーダーは自分の得意とする場面まで待つことが重要になります。


『根拠』ある場所でのエントリーが必勝法に繋がる

みなさんは、どれだけの根拠を持ってトレードに臨んでおられますか。

勝てないトレーダーに共通して言えるのが、いつでも、どこもでもポジる(エントリー)方達です。

私は基本デイトレードなので、1日に最低1〜3回はチャンスが巡ってきます。(多い時は10回以上)

このエントリー回数はチャンスが少ないと思われますか。

実は多い方なのです。

シンガポールで同じコンドミニアムに住む投資仲間のトレーダー達は、私と同じくデイトレをメインにされている方ですが、聞くところによると1週間で3〜4回・・・

他の方達も平均して週に1〜5回ぐらいのエントリーです。

根拠が厚ければ厚いほど、チャンスに出会う数も自然と増えてきます。

根拠の薄いトレードを行っている方は、エントリー回数も比例して少なくなります。

つまり、根拠の厚みはエントリー数に比例すると考えて下さい。

『勝ち組トレーダー』のエントリー数が多い理由は、そのトレーダーが各々持ち合わせている複数のロジックがあるのでエントリー回数も自然と多くなると言う仕組みです。


『根拠』の薄い場所でのエントリーは絶対に行わない

私はロジックが効かないポイントでは絶対にエントリーはしません。

これは相場が、私たちトレーダーに動きを合わすことなど絶対にないという事を理解しているからです。

『勝ち組トレーダー』でも1日のトレードチャンスは数回です。

勝てないトレーダー達を見ていると、勝てるトレーダーよりポジ数が多いのは一目瞭然です。

ではエントリー回数を増やすにはどうすれば良いのでしょう?

答えは人一倍勉強して検証し、勝てる手法等を手にするしかないのです。

答えはコレだけです。


『待つことが勝つことに繋がる』

使えそうな手法を見つけたら、その手法が使えるポイントのみトレードを行う事です。

初心者は手法自体、根拠づけのうすいモノになるのは仕方のないことです。

こういった手法は1日1回どころか、1週間待ってもチャンスは巡って来ない可能性もあります。

でもこれは当たり前のこと。

根拠の持てない場所でポジる行為は只のギャンブルトレードです。

また、チャンスかどうかも分からないポイントなら、ポジるのはやめて潔く静観しましょう。

根拠の薄いトレードを行い、ポジポジ病がある方は、いずれマーケットから退場となります。

私は過去にそういう人達を沢山見てきました。

チャンスを待つことが出来るかどうかが、FXで成功する重要なカギとなります。

私は1回のトレードで、ハイロットの注文を建てます。

『根拠』あるロジックを手に入れているので、チャンスが来れば躊躇なくポジションを持ちます。

逆に『根拠』の薄いポイントでのエントリーは前述した通り絶対に手を出しません。

『根拠』あるポイントでのエントリーでは、ロット数やレバレッジを有効に使い、買い乗せや売り下がりを使い効率的に利益を増やしていきます。

『待つことが勝つことに繋がる』とういう重要性を今回は書き留めてみました。


【価値あるロジックの提供を始めます】

『FXは難しい、勝てる訳がない』と諦めていませんか?

FXはその場を切り取ったトレードをしても残念ながら勝てません。

本質は全く違う所にあります。

投資歴30年でようやく構築した独自のロジックを、『FXの極意(ハント・ダウン)』に全てを記述し、公開する事にしました。

過去には私自身も『FXは絶対に勝てない』と諦めた一人ですが、現在このロジックを使用し、夢を一つ、また一つと実現しております。

あとはあなたのやる気次第です。

ご興味ある方は下のバナーをクリックして下さい。

FX、待つことが大事

 

【関連記事】

TOPページへ