【相場観の身に付け方】初心者の学習法

 

相場観の身に付け方を学習する

『相場観』の英語表記:forecast for market tendency

『相場観』とは、トレーダー自身が相場と真摯に向き合う事で培われる『感覚』に近いものの事を言います。これは単に相場が今後どの方向へ向かうかという事を『肌感覚』で察知する能力の事を意味します。

FXトレードで継続して勝てるようになるには、必ず2つの要因が必要となります。一つは『継続して勝てる手法』、そしてもう一つが『相場観』です。

この『相場観』の養い方は人に依って様々です。今回は私(トレーダー・ジョー)が長く相場と向き合う事で培った『相場観』の養い方について解説します。

貴重な情報だと思うので、初心者やFXでなかなか勝てないと言う方は是非最後までご覧になって下さい。

相場観、身に着け方

『相場観』は『予習』と『実践』、『復習』から養う

普通に学校で誰もが教わった『予習・実践・復習』

一見誰もが分かっているようで実践される事の少ない『相場観』の大切な勉強法です。

私が継続して勝てるようになったのも、この当たり前の作業を繰り返したことによる積み重ねだと考えています。トレードに必要な『正しい相場観』を身につけるには大切な要因です。

『相場観』は2種類

『相場観』と言っても2種類あるのはご存じでしょうか。俗にいう『正しい相場観』と『間違った相場観』です。

正しい『相場観』とは

正しい『相場観』とは、今までの経験則によって相場の『正しい方向性』を読めるチカラの事を言います。この『正しい方向性』を察知出来る『相場観』を身に付けるには、相応の時間と相場での経験値が必要となります。

間違った『相場観』とは

これは単順に『値ごろ感』から来る間違った『相場観』から来るものです。

『そろそろ売り(買い)時かな!』と言った『根拠』の無いギャンブル感覚的な事を指します。

相場観、身に着け方
チャートへシナリオを描く

予習を行う

FXでは『シナリオ』を策定することが重要

トレード前に初心者やプロに関係なく、個々のレベルに応じた『シナリオ』を立てる事が重要です。

初心者は初心者なりに自分の持つ『根拠』を使い『シナリオ』を立てましょう。例えそれが『薄い根拠』だとしても大丈夫です。

始めは『薄い根拠』でも、トレード回数や相場と向き合う時間を重ねる事により『厚い根拠』へと変わっていきます。

ココで重要なのは個々のレベルに応じた『シナリオ』を立てるという事です。

実践を行う

トレード前に『予習』で立てた『シナリオ』を使い、実際にトレードを行っていきます。間違っても『値ごろ感』を使ったトレードは慎みましょう。

復習をする

勝っても負けても、結果を自分なりに『検証』する事

なぜ『勝てた』のか、なぜ『負けた』のか・・

私がブログ内でもよく書き留める事なのですが、この『復習』をおざなりにされている方が殆どだと思います。

 

相場観 、身に付け方
負けたトレードの検証作業は重要

『負けたトレード』での検証作業は最重要項目

この『負けトレード』での検証作業を突き詰める方が、唯一相場で生き残れる方だと思って下さい。

但しこれは、『正しい答え』を必ずしも立証づけるという完璧を求めた作業ではありません。

あなたが初心者なら初心者なりの理由を模索しましょうという事です。

今は答えが分からなくて当然です。しかしこういった作業を繰り返し習慣付けする事に依ってトレード力が身に付き、『負けた理由』も自然と分かってきます。

自身を含め、私の周りでは、こういった『負けトレード』を『突き詰める』作業を繰り返し方が最終的に成功されています。

しかし『負けトレード』を検証する事は容易ではありません。

『負けた』という事実と向き合いながらの検証となるのでメンタル的にもキツイ作業となります。

私も勝てない時期は本当に嫌な作業の一つでもありました。

しかし『相場観』を身につけるには、この作業が重要になります。『FXで成功したい』と思うなら嫌でも検証を行う事が重要です。

 


FXは『面倒臭い検証』が最も重要

トレードで負けても『検証』をせず、『早く忘れて、また明日頑張れば良いさ!』みたいなノリの方を多くお見掛けします。

しかし残念ながらこういった方達は、いつまで経っても伸びしろが無く、『同じ失敗』を日々繰り返す方達ばかりです。

FXはそんな甘いものではないという事もココへ書き留めておきます。

逆に負けトレードを長く引きずる人の方が遥かに伸びしろがあると私は思います。

もちろん『負の感情』だけを引きずるのはよくありません。あくまで負けた原因を追究する探求心が必要だと言う事です。

面倒くさい検証こそ『相場観』を身につけるには大切な要素だと理解して下さい。

相場観、身に着け方
相場の不穏な空気を察知しろ

嫌な『相場観』は検証すべし

私のように相場を長く経験すると、『何か嫌な動きだなぁ』と感じる場面等に多々遭遇します。実はこれも『相場観』の一つです。

こういった感覚を、『それは第六感からくるもの!』と世間では一括りに覆い被せる傾向がありますが、私は必ずしもそういった考えではありません。

私はFXで勝てない時期が長くあり、前述した『負けた理由』を追求し『トレードノート』へ日々書き綴っておりました。

初心者時代から書き留めた『トレードノート』は今では数十冊となります。

『嫌な相場観』を感じた時、私の場合は先ずこの『トレードノート』へ目を通し、同じ様な事象が過去に無かったかを調べ上げます。

するとどうでしょう、全ての案件に該当する事は無いのですが、多くの事象が同じ類の内容として書き綴られています。

つまりココで私が言いたいのは、『嫌な相場観』は『第六感』ではなく、自分の『記憶』に刻まれた感覚だと言う事です。

今ではトレード中に『嫌な相場観』を少しでも感じ取れば、理由を問わず即行動(損切り)に移します。

この行為がどれだけ多くの損失を今まで防いでくれたかは言うまでもありません。

※この『感覚(相場観)』を身に付けるには相応の年数が掛かります。間違っても1年や2⃣年で培えるものでは無いのでココに書き留めて置きます。

 

相場観 、身に付け方
相場観を養うには通貨ペアを絞ることが重要

『通貨ペア』を減らす事の重要性

では最後に、『相場観』を培うには扱う『通貨ペア』の数を少なくする事の重要性について解説します。

昨今のFX業界を見ると、初心者等に複数の『通貨ペア』を用いて取引を推奨するFX情報発信者達が実在します。

これはスキャルピングを用いて、複数の『通貨ペア』で相関性を見ながらトレードを行うといったものです。

皆さんは、こういったFX情報発信者が本当に稼いでいると思われていますか。

私には『コント』にしか見えません。

こういった複数通貨を用いてトレードで成功する事は無いので初心者の方等は騙せれないようにして下さい。

『通貨ペア』は恋人みたいなもの

他の記事にも書き留めた事があるのですが、私は小学生のころから野球へ真剣に取り組んだ時期があります。小・中・高と通算で約8年です。

私のポジションはキャッチャー(捕手)。この期間、バッテリーを組んだ投手は6人です。どの投手とも息が合わず、最初は必ずと言って良いほど苦労するものです。

しかし時間の経過と共に理解し合えるようになり、お互いの考え方が分かるようになります。最終的には『阿吽の呼吸』の仲です。

FXで扱う『通貨ペア』との関係も他ではないと私は思っています。

『通貨ペア』は各々個性を持ち、その特徴の中で動きを示します。こういった『動き』を察知できる『正しい相場観』も一朝一夕で習得できるものではありません。

私の長い投資経験からすると、一つの『通貨ペア』のクセを掴むまでの期間は最低でも3年から5年は必要だと思っています。

こういった事を踏まえ、複数の『通貨ペア』の相関性を用いてFXで成功する事など有り得ないという事を先ずは知っておいて下さい。(※複数通貨でトレードを装う情報発信者はリアルトレードを公開する事はありません。理由は勝てないからです。リアルと言いながら動画は全て編集されています)

もし私が今まで複数通貨を用い、トレードを行っていたなら今の大成した自分は無かったでしょう。

FXで『正しい相場観』を養いたいなら、『通貨ペア』を絞る事が非常に重要だと私は考えます。

扱う『通貨ペア』は1ペアか2ペアが理想です。

 


マトメ

『予習』、『実践』、『復習』が如何にFXで大切なことなのか分かって頂けたでしょうか。この作業は一見単純そうに見えますが決して容易ではありません。

しかし、これを継続し繰り返し行う事で『正しい相場観』も自然と身に付いてきます。

あとは実践(リアルトレード)を繰り返すことで肌感覚に近い『相場観』を手にする事が出来ると思います。

因みに私は『正しい相場観』が養えたと実感したのがトレードを始めて3年前後です。周りで成功したトレーダー達も口を揃えて3年から5年と言います。

如何にFXが短期間で稼げるような投機で無いことが、『相場観』を習得する期間からも窺い知ることが出来ると思います。

あと私は、今も変わらず『トレードノート』を日々書き留めています。

この『トレードノート』のお陰で、どれだけ優位性ある取引が行えたことか言うまでも有りません。

初心者の方で未だ『トレードノート』を作成されていない方は今からでも遅くありません。日々のトレード内容を『トレードノート』に是非書き留めて下さい。

『負けトレード』に関する内容は、特に突き詰めて書き綴るよう強く勧めます。

 

相場観 、身に付け方

【関連記事】

TOPページへ