FXでメンタルが崩壊する前に読む記事

FXでメンタルが崩壊する前に読む記事

株・先物取引を約20年、FXを約10年、通算約30年の投資歴を有するプロトレーダーのジョーと申します。今回はトレーダーの健康管理について、投資歴の長い私なりの意見を書き留めたいと思います。メンタルがやられる前に是非ご一読ください。

人に依っては『トレード』に余り影響がないというトレーダーの『健康管理』ですが、果たしてそうなのでしょうか?

トレーダーは『健康』が命

私はこの『健康管理』がキチンと行わなければ、トレーダーとして相場で勝ち残るのは難しいと考える一人です。

『トレーダー』に限らず何かしら仕事に携わる以上、こういったメンタルを含め健康管理は重要だと私は考えます。

『健康管理』は『肉体的』要因と、『精神的(メンタル)』要因からくる2種類がありますが、どちらも大切だと私は考えております。

『トレードルール』で『健康管理』に関する項目を入れているぐらいです。

『肉体的』には大病を患ったり、風邪でも高熱を発症した時は『トレード』を控えるよう心掛けています。

『精神的(メンタル)』には大きな『悩み』があったり、家族と『大喧嘩』した時、また何か大きなトラブルを抱えた時などがそれに値します。

私はこういった『トラブル』を抱えている時はキッパリと『マーケット』から離れるようにしています。

これは過去にこういった『トラブル』で、『ストレス』を抱えながら『トレード』を行い、上手くいった試しがないからです。

私の場合、普段からカラダを動かす事が好きなので、『肉体的』な『健康管理』は殆ど必要ありません。

コレに比べ厄介なのが『精神的(メンタル)』ダメージです。

こういった『精神的(メンタル)』なトラブルを抱えている時は必ずチャートを落とし、一旦相場から離れ散歩をして『ストレス』を発散するよう心掛けています。


『メンタル』の重要性

私がFXでの『健康管理』の重要さに気付いたのは過去の経験があります。恥ずかしい話なのですが、私の性格は若い時から少々『短期』でもありました。

体調(精神的に不安定でした。)が芳しくない時に『トレード』を行い、結果的にトレードも上手くいかずキレてしまい、負けをその場で一気に取り戻そうとする最悪な行動パターンです。

こういった時は『負の連鎖』が生じ、『トレード』にしても『私生活』にしても上手くいかないものです。このような状況でトレードを行っても勝てる訳がありません。

こういったことを何度も繰り返し、ようやく『トレードルール』へ組み込みます。気付くのが本当に遅かったと今でも後悔しております。

それ以降『トレードルール』に『体調の優れない時はノートレード』を組み込んだことで、こういった『無謀なトレード』も排除できたという訳です。

如何に『健康管理』がトレードで重要なのかが分かった私の経緯です。


マトメ

これを見るトレーダーの皆さんも、トレード中に気になる事は沢山あると思います。お金のこと、人間関係、会社関係等々・・・

もしトレード中にこういった悩みで集中できないと少しでも感じた時は、一旦相場から離れる事を推奨します。

私の経験上こういった状況でのトレードは本当に上手くいかないものです。

一旦パソコンを閉じ、空気感を変えて散歩等を行い『ストレス』を少しでも発散するよう心掛ける事が大切です。

また適度にスポーツ等して汗を流すなりし、肉体面と精神面のバランスを整える事も重要だと思います。

トレードは心身ともに健康状態で行うのが何よりも大切です。

【関連記事】

TOPページへ