『ディーリングデスクとは』分かりやすく解説

ディーリングデスクとは
ディーリングデスクとは

『ディーリングデスクとは』分かりやすく解説

『ディーリングデスク』とは、金融機関(証券会社や銀行等)で取引時に使用される机(デスク)、又はカウンターの事を指します。

このカウンター越しにディーラー(ディーリングデスク方式ディーラー)が取引を行う事を『ディーリングデスク方式(DD方式)』と言います。

また、カウンター越しに取引を行うので『OTC(Over The Counter)取引』とも呼ばれています。

これとは逆で、『ディーリングデスク』を介さない取引を『ノーディーリングデスク方式(NDD方式)』と言います。

FXブローカーは2種類

FXブローカー呼ばれるFX関連業者は2種類あり、前述した『ディーリングデスク方式(DD方式)』を採用する業者と『ノーディーリングデスク方式(NDD方式)』を採用する業者です。

2つ共に内部で取引処理するため、表立った違いが分かりにくい構造なのですが、FXでの取引では大変重要な要素となるので契約時には注意が必要です。

日本のFXブローカー

日本に現存するFX関連業者のその殆どは、『ディーリングデスク方式(DD方式)』を採用する業者です。

『ディーリングデスク方式(DD方式)』では、インターバンクを介さず業者が顧客(トレーダー)の出した注文を一旦決済するという『ノミ行為』が行われています。

このシステムは顧客(トレーダー)側が利益を出せばFX関連業者は損をし、顧客(トレーダー)側が損をすればFX関連業者は利益を出せるという相反したシステムです。

こういった背景もあり、『ディーリングデスク方式(DD方式)』を採用するFX関連業者はストップ狩り約定拒否を平然と行う現実がある事をトレーダーなら知っておきましょう。

 

TOPページ