FXでいう『NDD方式』とは

FXでいう『NDD方式』とは

 

FX関連業者は、取引するシステムの内容により2つに分別出来ます。

一つは『DD方式』と呼ばれるシステムを採用する業者、もう一つは『NDD方式』です。

『NDD方式』とは、ノン・ディーリングデスク(None Dealing Desk)の略で、日本ではインターバンク直結方式と呼ばれています。

これはインターバンク市場の金融機関と直接取引をする事を指します。

『DD方式』とは違い、FX関連業者のディーラーを通さないシステムです。

これによりインターバンク市場で直接取引する複数の金融機関から最も有利な為替レートで取引が行えます。

 

 

FX、NDD方式とは
NDD方式を深堀する

『DD方式』とは

 

『DD方式(※方式)』とは、ディーリング・デスク(Dealing Desk)の略語です。

これはFX関連業者とトレーダーとが直接取引するシステムの事を言います。

つまりトレーダーとFX関連業者が1対1で取引を行うという事です。

例えばあなたがドル/円を売る場合、買うのはFX関連業者になります。

そしてあなたが儲ければ業者は損をし、あなたが損をすれば業者は儲かるという相反性の関係が『DD方式』と呼ばれるものです。

 

 

『NDD方式』のシステム

 

『DD方式』を採用するFX関連業者はインターバンク市場を介さず、その殆どの注文をトレーダーとのやり取りで完結します。

これに対し『NDD方式』を採用するFX関連業者は、トレーダーからの注文全てを自動的にカバーするシステムです。

 

 

FX、NDD方式とは
『NDD方式』と『DD方式』どっちが良いの?

取引の『透明性』を求めるなら『NDD方式』を推奨

 

前述したように『DD方式』では、トレーダーとFX関連業者との間に相反性の関係が成り立ちます。

これはどちらかが儲ければどちらかが損をするという関係柄です。

これに対し『NDD方式』では相反性は成り立ちません。

理由は前述した通り、トレーダーサイドから出される全ての注文をカバーするからです。

『DD方式』で良く目にする約定拒否もありません。

トレードの透明性を求めるなら、『NDD方式』を採用するFX関連業者と契約する事を推奨します。

 

 

各業者の主な収入源

『NDD方式』を採用する業者

『NDD方式』を採用する業者の主な収入源はスプレットです。『DD方式』を採用するFX関連業者に比べ割高ですが、取引におけるスリッページや約定拒否などは一切ありません。

またインターバンク市場で金融機関と直接やり取りが出来る為、有利なレートで取引が行えるのはもちろんの事、『DD方式』にありがちなストップ狩りも無いと言う透明性の高い取引が行えます。

 

『DD方式』を採用する業者

『DD方式』を採用するFX関連業者の主な収入源ですが、前述した通り『DD方式』ではどちらかが儲ければ、どちらかが損をすると言うトレーダーとは相反性の関係です。

簡単に言うとトレーダーが負けたら儲かるシステムです。

皆さんの知るスプレットの幅に重きは置きません。

こういった事情背景を考えて頂くと、約定拒否一つをとってみても如何に自分達にとって取引を優位に進めているかという事が分かると思います。

 

 

お勧め記事

 

 

TOPページ