【国際通貨基金とは】わかりやすく解説

『国際通貨基金(IMF)』とは

英語表記:International Monetary Fund(通称名:IMF

日本人にも様々な形で馴染みのある『IMF』ですが、『国際通貨基金』とは、わかりやすく言うと『国際通貨基金』へ加盟した国の為替政策の監視(サーベイランス)や国際収支が極端に悪くなった加盟国への融資を行う国際機関の事を言います。

また、この融資を通じ下記に示す事柄に寄与するのが主な目的とされています。

  • 国際貿易の推進
  • 『国際通貨基金』加盟国の高水準の雇用と国民所得の拡大
  • 為替システムの安定

『国際通貨基金』の創立

  • 1944年(S.19年)7月

連合国国際通貨金融会議(通称『ブレトン・ウッズ会議』/アメリカ・ニュー・ハンプシャー州ブレトン・ウッズにて開催)にて、『国際通貨基金』の創立(出資比率含め)を発表。

  • 1947年(S.22年)3月

『ブレトン・ウッズ会議』で調印された『国際通貨基金協定(IMF協定)』によって多少の批判もあったが業務を開始する。2019年(令和元年)9月末現在での『国際通貨基金』加盟国は189か国となります。


『国際通貨基金』の主な会合

『国際通貨基金』の主な会合として挙げられるのが、毎年1回開催(不定時期で日本の秋前後の開催が多い)される『年次総会』です。

この『年次総会』は『世界銀行』との合同総務会となります。


『国際通貨金融委員会(IMFC)』とは

英語表記:International Monetary and Financial Committee(通称名:IMFC

設立年月日:1999年9月

『国際通貨金融委員会』とは、『IMF暫定委員会』を前身とし、国際通貨や金融システムに関する諸問題について『IMF総務会』へ報告、または勧告する事を主に目的とした役割の国際機関の事を言います。

『国際通貨金融委員会』は年に2回開催され(日本の春・秋の各1回)、『日本銀行』からは総裁も参加する会合となります。

【関連記事】

TOPページ