【サーキットブレーカーの仕組み】株でわかりやすく解説

『サーキットブレーカー』の仕組みとは

英語表記:Circuit Breaker

『サーキットブレーカー』とは、株式市場や先物取引等において、レートがある一定以上の大きな変動を生じた場合に取引を停止する機能の事を言います。『サーキットブレーカー』は、予めプログラムされているシステムなので、発動されると強制的に取引を停止する処置となります。

※FXを含む為替には『サーキットブレーカー』は適用されません。

『サーキットブレーカー』の名前の由来

『サーキットブレーカー』の名前の由来ですが、これは建物の屋内(外)に通す電気(電流)の漏電等を防ぐ器具の事を言い、ある一定以上の電気(電流)が生じた場合に漏電等で火災等を防ぐ為、遮断器(サーキットブレーカー)を介す事で電気(電流)を落とす(止める)器具からつけられました。内容こそ電機ではないですが、同じ様なシステムなのでつけられた名前です。


『サーキットブレーカー』の発動される仕組み

『サーキットブレーカー』は、株式市場や先物取引市場において売りが売りを呼ぶ連鎖的な『下降トレンド』等により、下落にブレーキが効かない状態をシステムが察知し、強制的に全取引を停止するという機能制度です。

これは基準値を、ある一定幅以上に取引値がつくなど、予め設定された基準に達すると『サーキットブレーカー』が発動されるという運びになります。

『サーキットブレーカー』が設定された市場で発動された場合、取引の成立(約定)は一定期間行えない状態に陥ります。


『サーキットブレーカー』を設置する理由

これは偏に投資家達を保護する目的で設置されています。先述しましたが、売りが売りを呼ぶ連鎖的な影響が出始め、『下降トレンド』等により、下落にブレーキが効かない状態を知った投資家達は冷静な判断が出来ない状態に陥ります。

こういった状態に『サーキットブレーカー』を施す事により、一度冷静になってもらおうという事が『サーキットブレーカー』における本来の主たる目的です。


『サーキットブレーカー』が位置づけされた過去

皆さんもよくご存知の『ブラックマンデー』。『サーキットブレーカー』が考案された理由は、実はこの『ブラックマンデー』と深い結びつきがあります。

『ブラックマンデー』とは、アメリカ市場最大規模の暴落(1987年10月19日)の事を言います。

ニューヨーク証券取引所』で1日の株価が22%も暴落します。これを機に、加熱した(行き過ぎた)市場の暴落を防ぐ為に考案されたのが『サーキットブレーカー』なのです。

『サーキットブレーカー』は、考案された『ニューヨーク証券取引所』で先ず導入され、日本では1944年に『東京証券取引所』で導入され運用を開始しています。

今現在では先進国である日本を始め、アメリカ、ヨーロッパにおける各市場に『サーキットブレーカー』が導入されています。

※ここ最近で『サーキットブレーカー』に関するニュースではイギリスが有名ですね。EU離脱を問う国民投票では離脱派が勝利を獲得、この時は日経平均株価が急落した際に日経平均先物(大阪取引所)でサーキットブレーカーが発動したのが、未だ記憶に新しいと思います。


『サーキットブレーカー』にはレベルが設定されている

『ニューヨーク証券取引所』と『ナスダック』においては、『S&P500』のデーターを基に解析し、レベル1からレベル3までと3段階に分け『サーキットブレーカー』が予め設定されています。

『ニューヨーク証券取引所』と『ナスダック』における『サーキットブレーカー』の特徴として、その日発動された『サーキットブレーカー』は、その次の『サーキットブレーカーレベル』に達するまで当日は発動されないシステムになっているという事です。

また時間的な制約もあり、下記に示す時間帯は『レベル3』しか発動されない事になっています。

  • 4:00~9:30
  • 15:25~20:00

『ニューヨーク証券取引所』・『ナスダック』/レベル設定の仕組み

  1. レベル1:S&P500が前日の『終値』から7パーセント下落すれば15分間取引停止処置を行い解除(9:30-15:25)
  2. レベル2:S&P500が前日の『終値』から13パーセント下落すれば15分間取引停止処置を行い解除(9:30-15:25)
  3. レベル3:S&P500が前日の『終値』から20パーセント下落すれば15分間取引停止処置を行い解除(時間指定なし)

※『シカゴマーカンタイルエクスチェンジ(取引所)』では、変動値で決める『ダイナミクス・サーキットブレーカー』と、値幅で決める『トラディッショナル・サーキットブレーカー』の2種類から発動されます。

【関連記事】

TOPページ