【日経平均株価とは】分かりやすく解説

日経平均株価とは『日経225』の事

『日経平均株価』をなんとなく理解されている方は多いのですが、算出方法や歴史などはご存知の方も少ないと思います。今回は『日経平均株価』について解説します。

『日経平均株価(略して日経平均)』とは『日経225』とも呼ばれています。

わかりやすく言うと、これは『東京証券取引所市場第一部』に『上場』している『銘柄』で、マーケットを代表する『225銘柄』を対象にした『株価指数(修正平均株価)』の事を指します。

日本の株式市場を代表する『株価指標』となり、『ダウ式平均』によって算出された『225銘柄』の株価の平均値となります。

分母(除数)の修正等で株式分割や銘柄入替など市況変動以外の要因を全て除去し、指数値の連続性を保っているのが特徴です。

指数算出の対象となる『225銘柄』については、市場流動性やセクターバランスをもとに定期的に見直されており、中・長期に依る継続性の維持と産業構造変化の反映という二つの側面を満たし、マーケットの流動性の高い銘柄で構成する株価指数を目指しているのも特徴です。

※この指数は、2017年7月18日から5秒間隔で算出されています。


株価の算出法

『日経平均株価』の算出法は、株式市場を代表する『225銘柄』を対象とした『修正平均株価』のことで、『旧額面制度』を継承し『みなし額面』で算出した『構成銘柄株価』の合計金額を「除数」で割って算出します。

日経平均=225銘柄の株価合計(みなし額面50円相当に換算した採用銘柄の株価の合計)÷除数という事になります。

【規定】

1.対象銘柄は、東京証券取引所第一部に上場する銘柄(親株式、内国株)から選定された225銘柄となります。但し『ETF』、『REIT』、『優先出資証券』、『子会社連動配当株式』等の普通株式以外を除きます。

2.『除数』は、株価平均を算出する際、市況変動に影響されにくい価格変動を調整し、連続性を維持するためのものです。


日経平均株価の歴史

『日経平均株価』は、『東京証券取引所』は1950年9月に『東証修正平均株価』の算出及び公表を開始したことに始まります。

1970年には『日本経済新聞社』が本指数の算出及び公表を『東京証券取引所』から引き継ぎ、国内外の情報提供機関を通じ提供されています。

また1986年、日本の株価指数としては初めて先物取引がシンガポール取引所で始まり、その後に『大阪証券取引所』や『シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)』への先物及びオプションの上場、さらには2001年7月に『上場投資信託(ETF)』の上場と世界規模で広く利用され続けています。

【関連記事】

TOPページへ