FXの指値注文とは

指値注文とは

『指値注文』とは、FXでの注文方法の一つとなります。

売買を行うトレーダーが予め決めたレート(価格)で取引を行う注文方法です。

トレーダー自身が、現レート(価格)推移を予想建てし、『指値注文』を行う事により利益が抽出できるよう任意で設定できる注文方法となります。

『指値注文』とは、取引を行う時にレート(価格)の入力等が必要ですが、これとは対照的にクリック(ボタン)一つで売買が行える注文方法を『成行注文』と言います。

また『指値注文』は、『通常注文』とも呼ばれています。

英語表記:limit order(リミット・オーダー)


『指値注文』のやり方

取引されるプラットフォームで、売買するレート(価格)を手入力する必要性があります。(設定、入力方法はFX関連業者により様々。)

上の参照図をご覧ください。例えばドル円のレートが現在99円だったとします。これが100円になった時に『新規買い』が欲しいのであれば、『指値』を100円にセットしておけば注文が自動的に約定するといった感じになります。

また仮にレートが100円に達すること無く下降に転じた場合、注文は成立しません。

上の参照図では『新規買い』で解説しましたが、『指値注文』は決済注文時にも利用されています。


『指値注文』のメリット


『指値注文』のメリットですが、チャートを随時監視する必要性が無く、目標(ターゲット)を決め、『利確』や『損切り』が自由に行えるというのが『指値注文』の最大のメリットになります。


『指値注文』のデメリット

売買を行いたいポイントを手動で入力し、そのポイントにレートが達すれば『指値注文』が成立するのですが、いつもこう上手く注文が成立するとは限りません。

相場は常に動きがあり、『指値注文』を出すポイントによっては相場が大きく動く時があるのです。

こういった場所では『指値注文』を設定していても、注文が成立することが無かったり、また希望のレート(入力した値)から大きく乖離し『約定』する事もあります。

こういった『指値注文』のレートと、実際に注文が成立(約定)したレートとの開き(滑りとも呼ぶ)の事を『スリッページ』と呼んでいます。

『スリッページ』における『滑り』の範囲も、ある程度限定する事も出来るので、取引する前に契約されている『FX関連会社』等へ必ず確認を行って下さい。

また『指値注文』するにあたり、ある程度相場の動きをイメージができる裁量が必須です。

初心者等で、未だ『相場観』が養えていない方は『成行注文』の方が取引しやすい事も書き留めておきます。

【関連記事】

 

TOPページ