『インカムゲインを解説』おすすめ銘柄2選

『インカムゲイン』とは

『インカムゲイン』とは、株式や債券などの資産を保有中に得られる収益のことを指します。投資家の資産運用における必要不可欠な最強のリターンの一つだと思って下さい。

投資先のある資産を保有(運用)することで、安定的かつ継続的に受け取ることのできる現金収入(利益)の事を『インカムゲイン』と言います。

『インカムゲイン』の種類を例えると、投資信託ETFでの配当、株式では配当金、債券では利子、不動産では賃貸することにより得られる家賃収入等が『インカムゲイン』に該当します。

それら資産を保有し続けることで、継続的な収入を得ることも可能です。

これは投資対象そのものから得られる収益(成果)であって、具体的に利息・配当・収益分配金・スワップポイント・賃料等がコレに該当します。

一般に『インカムゲイン』の水準は、投資対象によってそれぞれ異なります。

基本的にリスクの高いものほどリターンは高くなります。

例えば様々な種類がある債券では、格付けの低いジャンクボンドほどデフォルトリスクが高くなるため、クーポンレート(表面利率)が高くなる傾向があります。

※『インカムゲイン』の『おすすめ銘柄』は記事最下部に掲載しております。


『インカムゲイン』の種類

 
『インカムゲイン』には、様々な種類があります。
 
今現在、個人向けの運用商品(投資対象)は主として下記のようなものが挙げられます。
 
  • 預貯金の利息
  • 金銭信託の収益配当
  • 投資信託の収益分配金
  • 利付債(国債、普通社債、転換社債等)の利息
  • 株式の配当金、貸株料
  • REITの分配金
  • インフラファンドの分配金
  • 外国為替証拠金取引のスワップポイント
  • 不動産の賃料(家賃、地代、駐車場代等)

『利回り』とは

株式の配当金や投資信託の分配金は、業績や運用の成果によって支払金額が変動を生じ、支払われない場合があります。また、元本に対する1年間の『インカムゲイン』の割合をパーセンテージ(%)で表したものが『利回り』で、収益性の指標として使われます。


 

『キャピタルゲイン』とは

 
『インカムゲイン』に対して、運用資産の価格変動によって得られる収益(売却益、譲渡益、差金決済益等)のことを『キャピタルゲイン』と言います。

 

一般に株式や債券、投資信託、外国為替証拠金取引など、価格変動のある金融商品の運用収益(総合損益)を考える場合、『トータルリターン』という概念があり、『インカムゲイン』と『キャピタルゲイン』を合わせたものになります。

 
尚、税務面で『インカムゲイン』と『キャピタルゲイン』は、それぞれ別体系(所得分類)で税金が取られる傾向があります。

【トータルリターン】=『インカムゲイン』+『キャピタルゲイン』


2020年の注目銘柄2選

  • JT(日本たばこ産業)/6.25%
  • あおぞら銀行/5.50%

※上記配当をパーセンテージで記述

タバコ産業は縮小していく見通しですが継続して利益を出し続けているJTについて次に解説致します。


JT(日本たばこ産業)株とは

著名な銘柄を取り扱うJT(日本たばこ産業)

日本では喫煙に関する法整備が未だに諸外国よりも遅れていますが、世界的に見ると愛煙家の肩身が狭くなっているのはご周知の通りです。

そんなタバコ業界ですが、実はすでに40年近く前から既にタバコ産業衰退論は出ていたのにも関わらず、JTの売上高が伸びているのはご存知でしょうか。

喫煙を推奨するわけでも勿論ありませんが、タバコの値段が上がろうと愛煙家は簡単に喫煙をやめようとはしません。

勿論タバコの価格が上がるたびに禁煙を開始する人も多くいます。

反面喫煙を続ける人は高いお金がかかろうと喫煙をやめないので、利益率の良いJTの業績が伸び続けているという訳です。

昨今の時代背景を考えればJT株は下がる可能性はもちろんありますが、JTは海外でのタバコ事業にも力を入れていることやタバコ以外の事業への多角化も図るなど企業努力には目を見張るものも多々あります。

タバコ産業が滅びゆく前に多角化経営で乗り切れば株価は更に期待できるかも知れません。


あおぞら銀行株とは

全国的にも高配当で有名な『あおぞら銀行』です。

インカムゲイン狙いの株式投資家達にも大変人気のある企業の一つです。

銀行株と言えば市況に左右され低迷を続けているイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、あおぞら銀行は会社の方針によって高い配当利回りを出し続けている大変珍しい企業の1つでもあります。

配当性向(利益に対する配当の割合)を50%としており、利益のうち半分を内部留保として成長のための先行投資等に使い、残りの50%を株主還元に回しております。

インカムゲイン狙いの株式投資をするならぜひとも注目しておきたい銘柄の1つですよね。

また、ほとんどの銘柄において配当支払日は年に2回となっていますが、この『あおぞら銀行』は3ヶ月に1回(年に4回)としており他の銘柄よりも多い回数配当金を受け取ることができるのも特徴です。

株価は現在右肩下がりですが、利益率はほぼ毎年変わっておらず、財務的な問題もほとんど無いと言えるでしょう。

投資生活におけるインカムゲイン狙いの株式投資は安定重視ですので、あおぞら銀行も注目銘柄の1つとして挙げられます。


【価値あるロジックの提供を始めます】

『FXは難しい、勝てる訳がない』と諦めていませんか?

FXはその場を切り取ったトレードをしても残念ながら勝てません。

本質は全く違う所にあります。

投資歴30年でようやく構築した独自のロジックを、『FXの極意(ハント・ダウン)』に全てを記述し、公開する事にしました。

過去には私自身も『FXは絶対に勝てない』と諦めた一人ですが、現在このロジックを使用し、夢を一つ、また一つと実現しております。

あとはあなたのやる気次第です。

ご興味ある方は下のバナーをクリックして下さい。

インカムゲイン、おすすめ

【関連記事】

TOPページへ