トレーダー の成長曲線とは

FXでの成長曲線はコレで決まる

FXで勝てない理由とは

どうも初めまして、トレーダーのジョーと申します。

私はFXを始めた当初から約3年前後は鳴かず飛ばずの状態でした。

これを見る皆さんの中にも、これだけ努力して何故FXは勝てないのかを真剣に悩んだ事がある方も多いのではないでしょうか。

私も勝てない時期が長かったので、来る日も来る日も悩んでいた事を昨日の事のように覚えています。

今回は自身の長い投資生活で感じた、『FXでの成長曲線はコレで決まる』をタイトルに深堀していきたいと思います。

では早速ですが、皆さんはトレードで負けた理由をその都度調べていますか?

FXで勝てない理由は様々です。

欲をかいた挙句の失敗や分析違い、用いるテクニカルや手法根拠の薄さ等々、数えたらキリがないでしょう。

また『今回は運が悪かった・・』と、半ばギャンブルトレード的な考え方の人もいるのではないでしょうか。

 

 

トレーダー、成長曲線

負けたトレードの分析が重要

FXは『負けたトレード』の分析が重要です。

私の周りでは、これを最後まで突き詰めた方達が結果的にFXで成功されています。

しかし、私はこの『負けトレード』での原因を『主観的』に捉え分析を続けておりました。

当時は使用する一般手法を『勝てる手法』と思い込み、『本質』である『合理的』な手法であるのかどうかという重要な問題をおざなりにしていたのです。

このことに気付いてからは、私のトレードは『勝つ確率』が飛躍的に伸びていきます。

FXトレーダーとしての成長過程を示す『成長曲線』はココで決まると言っても過言では無いと私は思っています。

 

 

トレーダー、成長曲線
負けトレーダーは『非合理的』なトレードを繰り返す

『合理的』な手法を使っていますか?

FXは基本的に『勝つ確率』の高い手法等を持ち合わせてトレードを行っているかが大切です。

言い変えれば『非合理的』な投資行動を行っていないかということです。

例えば皆さんの知る『Wトップ』や『三尊』等もそうですが、FXは残念ながらその場その場のプライスアクションを使っても継続して勝つ事は出来ません。

こういった一般手法を使って勝てるなら、多くの方が『億トレ』になれる事を先ずは認識しておきましょう。

 

 

トレーダー、成長曲線
勝つ2大要素とは

勝てないトレーダーは『2大要素』を持っていない

FXで勝つ為に必要な要素は、『継続して勝てる手法』と『正しい相場観』だと私は思います。

このどちらが欠けてもFXで継続して勝ち続ける事は困難でしょう。

『勝てないトレーダー』は単純にこの2つをお持ちではありません。

もしくは、このどちらかが欠けている方だと思って下さい。

前述した通り、『継続して勝てる手法』とは『合理的』な投資行動(手法等)の事を指します。

『勝てないトレーダー』の多くが『非合理的』な手法等でトレードを行っている現実があり、この事に気付いて脱しない限り『継続して勝てるトレーダー』にはなれないと言っても過言ではないでしょう。

 

 

トレーダー、成長曲線

『非合理的』な手法とは

『非合理的』な手法とは、皆さんが一般で入手できる情報や手法等の事を指します。

殆どのトレーダー達が、こういった手法等を使って取引を繰り返し行い、数年で相場から去って行くのが現実です。

自身を含め、周りで成功されている方達は、こういった一般で入手できる手法や情報等を使いトレードを行う事はありません。

こうした手法を用い、継続して勝つことは困難だという事を先ず知る事が重要です。

この現実を素直に捉える事ができる方なら、まだ希望があると思います。

過去の私がそうだったように、負け続ける多くのトレーダー達がこの事に『無自覚』だと言う事もココへ書き留めて置きましょう。

この記事を読むにあたり、何か『気づき』があれば良いのですが・・

 

 

トレーダー、成長曲線

『正しい相場観』とは(※詳しくはココ

『正しい相場観』は、相場と真摯に向き合う事で養われます。

また『正しい相場観』は一朝一夕で身に付くものでもありません。

習得するには最低3年は掛ると思って下さい。

但し、単純にチャートを3年間見続けたといって『正しい相場観』が培えるものでもありません。

『負けたトレード』の原因を、その都度突き詰める作業も重要になり、また扱う『通貨ペア』のクセを見抜き、値動きを察知する洞察力も持たなければ『正しい相場観』は持てません。

少し厳しい内容ですが、これもFXの真実です。

適当な努力で相場は一切稼がせてはくれない事を理解しましょう。

 

 

トレーダー、成長曲線
勝ち続けるには『合理的』な手法が必要

勝ち続けるトレーダーとは

では継続して『勝ち続けるトレーダー』はどういった方達なのでしょう。

もうお分かりだと思いますが、答えは『正しい相場観』を持ち、『合理的』な手法を使いトレードする方達です。

つまり経験則で培った、相場の『正しい方向性』を察知できる『相場観』を用い、『勝つ確率の高い』手法等で取引を行っているからに他なりません。

自身の環境は大変恵まれていると思うのですが、継続して『勝ち続けるトレーダー』達が周りに相当数実在します。

私を含め、こういった方達の勝率や獲得pipsは敢えて書き込みしませんが、偶然に生じうる数値では無い事もここに書き留めて置きます。

 

 

トレーダー、成長曲線
コイントスは『ギャンブル』

『マグレ』で勝つトレーダー

『コイントス』というゲームは皆さんもご存知だと思います。

これはコインを放り投げて表裏を当てるといったゲームです。

この『コイントス』で表裏を当てるテクニカル等は一切存在しません。

そうです、まさに『感』だけで勝負するといったギャンブルゲームの一つです。

この類のゲームを行うにあたり、参加者を増やせば増やしただけ『高い勝率を収める参加者』が出てくるのを皆さんはご存知でしょうか?

つまり参加人数が多ければ多いほど、必ず一定の割合で『マグレ』で勝つ人の割合が増えると言う事です。

FXや株式投資も他ではありません。

これらのマーケットへ参加される方の人数は未知数ながら当然膨大な数となります。

ここで出現するのが前述した『マグレ』で何度も勝つ方達なのです。

笑い話にも聞こえますが、これは本当の話です。

過去には私自身も、こういったトレーダーの方達と知り合える機会が偶然にあり、実際に親交があったのも事実です。

彼らは特別な『手法』等は持ち合わせず、皆さんが入手できる一般の手法等で取引し、リターンを大きく伸ばされた方達です。

短い人で数か月、長い人は数年間も勝ち続けていましたが今は全員音信不通です。

こういった偶然に勝ち続けてきた方達は、永遠に『継続して勝つ』ことは不可能だという事を私は身をもって知った過去があります。

 

 


『トレーダーの成長曲線』とは

トレーダー、成長曲線
トレーダーの成長過程をイメージする

上の参照図は、私のイメージするFXトレーダーの『成長曲線』です。

縦軸はトレードにおける『根拠(手法等)』を示し、下方向へは『根拠』が薄く、上方向へは『根拠』が厚くなるといった感じで見て下さい。

横軸は時間軸となります。

私自身もそうでしたが『実際に勝ち続けるトレーダー』からFXを学ばれた方達なら早い方で3〜5年で結果を出して来ます。

過去に私が取った弟子達も皆そうでした。

独学で勉強される方は最低でも10年は掛ると思った方が良いでしょう。

キツイ内容ですが、これも私の知る『FXの真実』です。

FXは独学で数年学んで勝てるといった甘いものではありません。

 

では再度参照図をご覧さい。

見て分かるように、3〜5年という期間は、殆ど成長していない時期を起点に成長段階へと入って行く大事な時期です。

大きく勝つ事もあれば大きく負けるという、一進一退の時期でもあります。

私自身もそうでしたが、この時期と言うのは『正しい相場観』が未だ培えていない時期に当たります。

たとえ『勝てる手法』を身に付けていても、『正しい相場観』が無い限りFXで継続して勝つ事は困難だという事です。

この3〜5年という期間は、『正しい相場観』が身に付つか否かの重要な時期だと私は考えています。

如何にこの期間で相場と真摯に向き合うことが出来るかどうかで、その後のトレード人生の善し悪しが決まってくると言っても過言ではないでしょう。

継続して『勝てる手法』と『正しい相場観』を手にすれば、あなたもトレンドトレーダーへの仲間入りです。

あとはその『手法』に根拠を上積みし、『相場観』をより育む事によってトレードの精度を高めるといった作業になります。

ここまで辿り着けば、多少負ける事はあっても収支は必ず右肩上がりとなります。

 

 

トレーダー、成長曲線
独学で成功するには時間が必要

FXの現実

前述した通り、FXを独学で学ばれる方の芽が出る可能性は早くて10年だと思って下さい。

この期間は一進一退のトレードが続くカタチとなるでしょう。

この期間内で大きく勝つ方も中にはいらっしゃると思うのですが、前述したようにそれは只の『マグレ』だと認識した方が賢明です。

FXで継続して勝てる、『2大要素』を習得するのは容易ではありません。

『正しい相場観』に関しては、相場心理(市場心理)を理解するだけで最低3〜5年は必要だと私は思っています。

間違っても1、2年で身に付くといった類のものではありません。

また、これを見る現兼業トレーダーの方で、将来的には専業トレーダーになりたいとお考えの方は冷静にこういった現実を捉えて下さい。

いま兼業で収支が右肩上がりの方なら別ですが、収支にバラツキがあり、大きく勝ったり負けたりしているのであれば専業トレーダーは絶対にお勧めしません。

何故なら、前述したように『継続して勝てる手法』と『正しい相場観』をお持ちなら、収支は必ず右肩上がりとなるからです。

現専業トレーダーの方でも、私の言う『2大要素』を持ち合わせることなく先走って専業になられた方達を多くお見掛けします。

残念ながらこういった方達は厳しい環境に追い込まれているのが現実です。

FXは一朝一夕で成功できるといった『投機』では決してありません。

あなたが真剣にFXで成功したいと考えるなら、シッカリした本業を土台とし、コツコツ勉強しながら兼業で努力する事を推奨します。

収支が右肩上がりになれば専業トレーダーの切符を手にしたという事です。

 

 

お勧め記事

 

 

TOPページへ