【投機筋とは】英語でSpeculator(スピキュレーター)

『投機筋』はチャートを動かす

英語表記:Speculator(スピキュレーター)又はspeculation(スペキュレーション)

為替業界では頻繁に耳にする『投機筋』という言葉ですが、間違った意味合いで使っている方も多く見掛けます。今回は『投機筋』の本当の意味を含めて解説していきます。


『投機筋』とは、為替などのレート変動による差益を狙った投資家たちの事を言います。これは主に短期間で売買を行う投資家たちの事を指し、また英語表記では『投機筋』の事を『スピキュレーター』と呼びます。


『投機筋』とは

『投機筋/トウキスジ』とは、株式・為替・商品等の価格の変動を使い、主に短期的な売買を繰り返し、利益を得ようとする投資家の事を指します。

また『投機筋』を、違う言い方で『短期筋/タンキスジ』、又は『実需筋/ジツジュスジ』とも言います。

『実需筋』は発音自体が難しいと言う事もあり、通常はこの『投機筋』として使用される事の方が多いです。

英語表記では『Speculator』、または『speculation 』として表記されています。


またの名を『金融マフィア』

組織犯罪集団の代名詞で使用される『マフィア』という言葉がありますが、『投機筋』を比喩する言葉で『金融マフィア』と呼ぶ方も一部おられます。

この『金融マフィア』と呼ばれている理由の一つとして挙げられるのは、『投機筋』は流動性が乏しいマーケット(東京市場であれば未明から朝方に多い)に、莫大な資金を投入し売買を仕掛ける頃が度々あります。

短期的な差益を狙う為、こういったトレードを行うのも『投機筋』の特徴でもあります。

『投機筋』による、こういった『短期売買』によって損害を受けるのは決まって個人投資家たちです。

こういった方達が自然発生的に、『投機筋』を『金融マフィア』と呼びだしたのが始まりだと言われています。

東京市場に限っては『ミセスワタナベ狩り』も有名です。


『短期筋』とも呼ばれる理由とは

先述した通り、『投機筋』は『短期筋』とも呼ばれています。

これは『投機筋』が主に、『短期売買』を行う事で付けられた名称です。

通常、『短期売買』とは中・長期売買とは異なり、1日〜1か月単位と言われる期間内で売買を行う事を言います。

『投機筋』は、『投機的』なトレードはあまり行わず、目先の『絶対リターン』などを狙ったトレードを得意とします。

『投機筋』でも代名詞的な存在と言えば『ヘッジファンド』や『金融機関のディーラー』が先ず挙げられます。

彼ら『投機筋』は、中・長期での売買に縛られる事も無く、短期で利が乗れば決済を行うといったトレードに徹します。

『個人トレーダー』の方は、こういった『投資筋』の目線でトレードを行う事が、勝つ要因にもなってきます。

【関連記事】

TOPページへ