【FXでのロスカットとは】わかりやすく解説

ロスカットとは

FXレバレッジという仕組みを利用した取引であるため、投資額に対して最大25倍(国内業者)の取引が可能です。

予想通りにマーケットが動けば少ない資金で効率よく利益を生むことが出来ますが、予想に反して相場が動いた場合はコレに準じて損失も大きくなります。

そこで、一定の損失が発生した際に、これ以上損失が拡大してしまわないよう強制的に取引を終了させるルールを『ロスカット』と言います。

損切り』は、自ら『損失』を確定するのに対し、『ロスカット』は『FX取引業者』がトレーダーに対し、これ以上損失額を増やさないようにしてくれている、言い変えればトレーダーを守ってもらえるルールでもあるのです。

ここに『損切り』と『ロスカット』の大きな違いがあるので覚えておきましょう。

※『損切り』の英語表記はloss cut(ロスカット)です。この表記が日本での誤解を招く一つの要因になっています。

 


【価値あるロジックの提供を始めます】

『FXは難しい、勝てる訳がない』と諦めていませんか?

FXはその場を切り取ったトレードをしても残念ながら勝てません。

本質は全く違う所にあります。

投資歴30年でようやく構築した独自のロジックを、『FXの極意(ハント・ダウン)』へ全てを記述し、公開する事にしました。

過去には私自身も『FXは絶対に勝てない』と諦めた一人ですが、現在このロジックを使用し、夢を一つ、また一つと実現しております。

あとはあなたのやる気次第です。ご興味ある方は下のバナーをクリックして下さい。

ロスカットとは、FX

TOPページへ