知覧特攻隊員の遺書

知覧特攻隊員の遺書

今年も残りあと僅かです。皆さんはどんな年越しをされますか。私は先月シンガポールから所用で日本へ一時帰国したのですが、用事を済ませてハワイへ発ち、先日日本に帰ってきました。

例年の事ながらバタバタし、少し疲れも出てきたので今年は日本でお正月を迎えます。

本ブログを普段ご覧になって頂いている読者さまの層は20代前半〜30代前半までの方が多いそうです。

今年最後のブログは、こういった若い方達に少し耳を傾けて欲しい内容を少し書き留めます。年寄りの戯言だと思って出来たら最後まで読んでやって下さい。


祖父は特攻隊員

私の祖父(父方)は若くして人生を終えています。享年24歳です。今から75年前の1945年5月に亡くなったと祖母から聞いております。

皆さんも一度は聞いた事があると思うのですが、私の祖父は『神風特別攻撃隊』、略して『特攻隊』の一員でした。

当時の『特攻隊員』が亡くなる日(命日)は特攻の日と位置付けされていたみたいですね。『機上の人』になった日が『命日』です。

祖父の遺骨はもちろんありません。米艦隊に『アタック』したのかどうかも・・

知覧特攻隊員の遺書
特攻前の訓示

知覧特攻隊とは

以下知覧特攻隊に関する説明記事の抜粋です、良かったらご一読ください。

沖縄での陸軍に依る航空特攻作戦は、米軍主力が沖縄南西にある慶良間列島に上陸した1945年(昭和20年)3月26日から始まります。

特攻作戦とは重さ250キロ爆弾を装着した戦闘機で敵の艦船に体当たりして沈める、パイロットは必ず死ぬ、亡くなるという『必死』条件の作戦でした。

特攻作戦には知覧基地を始め宮崎県の都城など九州の各地、そして当時日本が統治していた台湾など多くの基地から出撃していますが、知覧基地が本土最南端だったことから最も多く、全特攻戦死者1.036名中、439名(中継地となった徳之島・喜界島を含む)、全員の半数近くが知覧基地から出撃しています。

本格的な特攻作戦は陸海軍共同で4月6日第1次総攻撃として始まり、7月19日第11次総攻撃の終了まで続きます。

特攻部隊の内、九州から出撃した部隊は振武隊、台湾から出撃した部隊は誠飛行隊と呼称しています・・合掌


知覧特攻隊員の遺書
知覧特攻平和会館

知覧特攻記念会館

祖父の唯一残された『遺品』が鹿児島県の『知覧特攻記念会館』という場所で保管されています。既に故人である母方の祖母によって、この遺品はミュージアムに寄贈されています。

この『知覧特攻記念会館』は名前の通り『特攻隊』のミュージアムです。亡くなられた『特攻隊員』の方の霊を弔い、若い人達に平和の尊さを伝えてくれる大切な場所でもあります。

祖父は『三角兵舎』という特攻隊員専用の宿舎で寝泊まりをし、ここで特攻前夜に仲間たちと一緒に指を切り、その『鮮血』で血書を書き残しています。

彼が残した最後の手紙です。

ここで手紙の内容を省略したカタチで簡単に紹介します。

『自分の人生は最高でした、お父さん、お母さん、今まで育てて頂きありがとうございました・・・私の24年間の航海に微塵の悔いもありません・・・〇〇子、子供たちをよろしく(後は未来の大きくなった子供たちへのメッセージを書き残しています)』・・・※書き留めた詳しい内容をココへ書くと個人が特定される可能性があるので申し訳ないのですが伏せさせて頂きます。

当時、祖父がどういう思いでこの遺書を書いたのかは今は知る由もありません。こういった『遺書』をミュージアムではたくさん保管されており閲覧が可能となっています。

『特攻隊』で亡くなられた方は1.036名にのぼります。


アイデンティティー

祖父は自分の息子(私の父で祖父が特攻後に誕生)の顔を見ることなく南海の海に散っています。今の私は祖父が存在しなければ有り得ない存在です。

私は物心がついた頃にこの話を聞かされています。この話を想い出す度に恐怖に刈られ、何とも言えない気持ちになっていた事を今でもよく覚えています。

子どもの頃から自身のアイデンティティーに関心を持ち、そして探求し、最後に行きつくところがいつもこの祖父の存在でした。

祖父が全うした24年間を自分に置き換え幾度も悩んできました。時代は違っていても本当に悔いなく国の為に命を捨てることができるのかと・・


生き残った特攻隊員

私は『知覧特攻会館』によく出向きます。祖父のお参りを兼ね自分探しでもあります。会館に行けば祖父の『血の血書』をいつも数時間は眺めています。

今から30年以上前に『特攻記念会館』の慰霊祭に参列した時の事です。当時は元特攻隊員の方も何名かご存命でした。

私は以前から、この方達に会うチャンスがあれば以前から是非お聞きしたいことがありました。

私の祖父が『血の血書』や『遺書』に綴った言葉の真意など、元特攻隊員としての考えや思いを是非お聞きしたかったのです。

少し長くなりますが、下記内容は今でも私の記憶に残る一門一句の『言葉』の数々です。

『お国の為に喜んで逝きます。大日本帝国の為、万歳、万歳・・いろいろ書いていますが全ては検閲(手紙の内容を当時軍部がチェックし、こういった事を中心に書かないと非国民と見なされ手紙が届かない時代と聞きました。亡くなられた方の大半はこういった文言を主に手紙を書かれています。)が有り仕方なかったとのこと・・』

『若い人は時代が違っても一番に思う事は親兄弟や自分の家族・・』

『あなたのお爺さんは死にたくて死んだんじゃないよ。さぞ辛かっただろう・・』

『死ぬのは誰しも怖い事です。私が知っている特攻隊員でお国の為に喜んで死んだ人は一人もおらん・・』

言葉は強く、重かったのを覚えています。

これを機に何か自分の中で吹っ切れたような感覚がありました。

溢れ出る涙が止まらなかったことを今でも覚えています。

逢いたかった私の『お爺ちゃん』の話です。


知覧特攻隊員の遺書
第109振武隊 加藤様の遺書

次世代への想い

昨今のニュースを見ていると『命』を軽視した事件や自殺等のニュースをよく拝見します。その背景には当事者たちの生い立ちや環境等、当事者しか解り得ない事があるのは重々承知です。

しかし昔も今も、生きたくても生きる事が困難(病気・貧困・戦争等)な方が世界中にはたくさんいらっしゃいます。

こういった方達は劣悪な環境があるにも関わらず、変わらぬ日々を大切に過ごし、今を一生懸命に生き抜いておられます。

私は若い時に東南アジアを中心にこういった方たちをたくさん見て来ました。

『命の大切さ』を誰よりも理解されている本当に素晴らしい人たちばかりです。

今の日本は若い人たちにとって何の変哲もない面白くない環境なのかも知れません。

人生の座標も無く『ただ生きてやってるだけ』と言う若者たちが日本には多くいます。

普通に生きている事自体が奇跡だと気づいていないのです。

普通は凄いことなんだと、考えられないくらい幸せなんだと・・誰しもが、いづれ分かる日が必ずやってきます。

その殆どが人生の終焉を迎える時でしょう。

この事に一早く気付かれた方は今を大切にし、精一杯のチカラをどんな局面でも出し続ける事ができる勇者達ばかりです。

今を生かしてもらっているあなたには、必ず使命があると私は思います。

その使命を一生懸命探してみてはどうでしょうか。

TOPページへ