FXで使う『全面高』とは

全面高の定義

主に『全面高』よいう言葉を使うマーケットは2つです。1つは『株式市場』、もう1つは『為替市場』です。先ず『株式市場』で言うと、『全面高』とは定義として『上場銘柄』であるということ。『為替市場』で言うと、『全面高』の定義として、マーケットで取引されている信用ある『国際通貨』であるということです。


『全面高』とは

  • 『株式市場』での『全面高』とは

上場している大半の株価が値上がり(上昇)している事を指します。

  • 『為替相場』での『全面高』とは

Aという『通貨』が、その他の『通貨(A以外)』に対し、全面で買われている事を指します。

『全面安』とは

『全面高』とは逆で、全面的に下落(売られている事)を『全面安』と言います。

『全面高』を匂わす相場の様相とは

相場での『全面高』の要因は実に様々です。

ある要因で、その業界全体の株が買われ活況を呈することもあれば、地政学的な要因(ファンダメンタルズ)で暴落(全面安)することもあります。

『全面高』の場合、マーケットでの空気感(雰囲気)も良く、相場へ参加する誰もが好景気への期待感を持ち、そういった状況の中でマーケットへ好材料が入れば相場は一気に過熱し、『全面高』へと向かいます。

【関連記事】

TOPページ