【FXでの全モとは】絵でわかりやすく解説

FXでの『全モ』とは

英語表記:zenmo

『全モ』とは、FXで使われる用語でスラング言葉となります。『全モ』とは『全戻し』の意味で、相場が一旦上昇(下降)したのにも関わらず、その上昇(下降)を始めたポイント(起点)まで値段を全て戻す事象の事を言います。

また半分戻す事を『半値戻し』とも言います。

『全モ』とは、正式には『全部戻す』の言葉が簡略化されて『全モ』。

『全モ』の引用言葉
  • ポジション』も持ったポイントまで戻すこと➡➡『全モ』した。
  • 『ポジション』を持った近くまで戻すこと➡➡『全モ』近くまで戻した。
  • 『ポジション』を持ったポイントを越えていく➡➡『全モ』を越えた。

相場では『全モ』の言葉をネガティブなイメージで捉える事が多くあります。

元々『全モ』は、『為替用語』等の専門用語ではなく、代表的なSNS等での情報発信者が使い始めたのが起源とされ、今では多くのトレーダー(投資家)達が使用している言葉となります。


『絵』で見るFXの『全モ』

全モとは、FX
全モ参照図

上の参照図は上昇トレンドでの『全モ』を例で挙げています。Aラインでポジションを持ち、その後上昇トレンドにのりますが下降へと転じ、最終的にAラインまで値段を戻す典型的な『全モ』のパターンです。(下降トレンドは逆のパターン)


『全モ』が起こる2つの理由

  • 流動性に欠ける相場調整

『全モ』が起こる理由として挙げられる1つが、流動性に欠ける相場での調整です。

為替チャートをご覧になると分かるのですが、相場は必ずしも一方向へとは動きません。上昇中なら途中で下降を交えながら動きます。(下降中は途中で上昇)

これは『ダウ理論』などにおける『トレンドフォロー』としての規則性を証明するもので、上昇中(下降中も同じ)なら直近の高値安値更新し、切り上げや切り下げを行いながら相場は動いていきます。

この時、マーケット(市場)のボラティリティ等が無く、流動性を著しく欠いた相場(レンジ相場が多い)では調整の幅が大きく(広く)なり、こういった『全モ』が多く見受けられるのが特徴です。

  • 投機筋の仕掛けた罠

『全モ』が起こる理由として挙げられるもう1つが『投機筋』たちが仕掛ける罠です。

主に『ヘッジファンド』が得意とする手法となり、先述した先の理由(流動性の欠ける相場調整)と同じですが、この『投機筋』が仕掛ける罠も同じく流動性に欠けた相場がターゲットとされます。

例を挙げると、『ヘッジファンド』がマーケットへ資金を投入し、レンジ帯から一旦ブレイクしたと相場へ見せかけます。

それを確認した投資家たちが一挙にマーケットへ参加し始めます。

ある程度、参加した投資家たちの思惑通りに相場を動かし、且つ参加者を増やしていくのですが、その後一転し、逆方向へと相場を動かし始めます。

基本こういった参加者たちが『損切り』を置く場所と言うのは、マーケットへ参加する多くのトレーダー達が『順張り』手法と言われる方達なので、『トレンドフォロー』を基本軸にした、いわゆる直近の高値・安値付近へストップ(損切り)を置くのが殆どです。

このポイントこそがまさに『全モ』の場所と重なり、このポイントを狙って『ヘッジファンド』は仕掛けて来るのです。

『ヘッジファンド』がこういった罠を仕掛ける場合、『全モ』では欲しい利益に事足りず、中、長期の時間軸を狙ったポイント(同じくストップの置かれた場所)まで大きく相場を動かす時も多々あります。

FXで取引を行うなら、こういった『投機筋』の動向もアタマに入れて置きましょう。トレードを行う際には武器にもなります。


『ヘッジファンド』が仕掛けた『全モ』

全モとは、FX
ヘッジファンドの仕掛けによる全モ

上の参照チャート図は『ドル/円』の5分足です。

相場の環境認識として画面左端に引いたライン(A/B間)でのレンジ帯に入ったのが伺えます。

赤矢印(左側から)1つ目(騙しブレイク1)は、一旦下方向へブレイクしますが上昇に転じます。

チャート図をクリック(拡大)して頂くと分かるのですが、直近安値を一旦はブレイクしていますが、長いヒゲを付け終値では安値を割らずに切り上げを行い上昇しています。

後に続く『騙しブレイク2〜4』も全て『ヘッジファンド』が得意とする典型的な手法です。

ブレイクした方向にマーケット参加者を誘い出し、逆方法に転じ、参加者のストップを狩るといった手法です。最後はレンジ帯下限(A/サポートライン)を本ブレイク(騙しではないブレイク)し、一気に下降トレンドを形成しています。

また、『ヘッジファンド』での『全モ』の殆んどが、『全モ』を越えて来るのが、これを見て分かると思います。

【関連記事】

TOPページへ