【デイトレーダーへの提言】トレードに強いメンタルなど必要ない

デイトレーダーのメンタルについて

FXトレードにおける、デイトレーダーの強い『メンタル』は本当に必要なのでしょうか。

私は、これといった勝てる手法を未だ持ち合わせていない時期、いかに損切りに耐えるかが直近の課題だった頃がありました。

トレード毎に『どこまで下がるんだ〜!』や『どこまで上がるんだ〜!!』の繰り返しです。

耐えて、耐えて、耐え忍び・・強制ロスカット・・

ロスカ、ロスカ・・ロスカのお祭りです。

当時の私は根拠の薄い手法を使い、またトレード内容にそぐわないレバレッジを設定し(ハイレバ)、ロット数も多く保有しながら無茶な取引を行っていました。

『根拠』が薄いトレードなので、持っているポジションがいつ狩られてもおかしくない状況です。

この状況はまさに私の言う『ギャンブルトレード』に該当します。

もう『祈る』しかない状況で、『メンタル崩壊』の1歩手前と言っても過言ではないでしょう。

当時はこの『メンタル』を如何に鍛えるかを深く捉え、『メンタル』を鍛えることに全力を持って私は勤しみます。

トレードで使える多くの時間を割き、『メンタル』を強化する『勉強』を始めたのです。

しかし一向にトレードは良くならず、『メンタル』もいよいよ崩壊します。トレード収支も散々たるものになっていきます。

今考えると当然の結果なのですが・・


デイトレーダーはメンタルよりトレード強化を行う

ここでようやく私は『メンタル』を鍛える事に疑問を抱き、それまで『メンタル』に費やした時間を『勝てる手法』を習得する時間へとシフトしました。

バカなのでココまで来るのに相当の時間が必要でしたね。

以降、『勝てる手法』への勉強に時間を割き、『根拠』を一つ一つ積み重ねて行きます。

言うまでも無く、わたしは『根拠』を一つ積み上げる度に『メンタル』が楽になっていく過程を体感していきます。

ここで皆さんに伝えたいのは必要以上に強い『メンタル』はトレードでは必要ないという事です。

皆さんの中でも今現在、過去の私と同じ環境下でトレードされている方も多いんじゃないでしょうか。

『メンタル』がキツイと思われるトレードなら一度見直して下さい。

こういったトレードは半ば『ギャンブルトレード』になっている可能性があります。


不必要な『メンタル』を使わなくする方法

私の場合は『ロット数』や『レバレッジ設定』の調整を行う事により、トレードが随分と楽になった事を記憶しております。

『ロット数』に関しては、下げるにも『少し』ではなく『大幅に下げる』ことを推奨します。

この『大幅に下げる』ことの判断材料として、チャート画面を見なくてもトレードが気にならない『ロット数』の事を言います。

『レバレッジ設定』に関しては、証拠金に応じて設定範囲が変わります。海外のFX業者等を使い、何百倍というレバレッジを掛けてのトレードは推奨できません。ましては初心者であれば尚更です。

勝てる手法も無く、こういった類の『ロット数』や『レバレッジ設定』でトレードをおこなっているなら『ギャンブルトレード』を行っているという事を今すぐ認識する事が重要です。

『ギャンブルトレード』を行っているなら、相場から退場するのも時間の問題になります。


トレードの本質は『メンタル』ではない

そもそも『メンタル』がキツイと感じるトレードは、ご自身が持ち合わせている手法の『根拠』が薄く、トレードとのバランスが崩れているのが原因です。

トレードにおける『根拠』が積み重ねられる事により『ロット』は、それに併せて増やせば良いだけの話です。

殆どの方がコレを我慢できず、『目先のお金欲しさ』から『根拠』に似合わない『ロット数』やレバ設定でトレードを行い『退場』していきます。

『根拠』が持てるまでトレードをしないとまでは言いません。

FXでの『リアルトレード』は『相場観』を習得するうえで大事な勉強時間でもあるということは百も承知しているからです。

しかし『退場』となれば、それこそ本末転倒です。

如何に『退場』すること無く、勉強を続けながらトレードを行う事が重要だと私は考えます。


大航海

あなたが、これからある『船』に乗り、船長として大航海を始めようとしています。しかし船は既に潰れかけていて、いつ沈没するかも分からない程の『船』だったとします。

あなたはこの船に大航海を始めますか?

ココで言う『船』とは、トレードでの『根拠』に該当し、『大航海』とは『マーケット』へ参入する事を指します。

もし私なら、この船へ乗る前に先ずはシッカリと修理をし、完璧まではいかなくとも、それに近い状態に仕上げ出航します。

シッカリと修理された安心できる『船』(根拠)は、たとえ嵐に遭遇しようとも『船は潰れない!』という強い心を持って対処する事もできるでしょう。

しかし潰れかけた、それもいつ沈没するかも分からない『船』では、いったい誰が安心して大海原へと出航できるのでしょうか。

FXにおける『トレード』も他ではないと私は考えます。

この『潰れかけた船=根拠の無いトレード』で『大航海=トレードを行う』を行うには余りに無謀だと思いませんか?

『強いメンタル』を持つ勉強をしたところで一体何の役に立つのでしょうか?

トレードで必要な『メンタル』の本質はココには無いのです。

私がブログ内で良く使う『ギャンブルトレード=根拠に無いトレード』がコレに該当します。

『船』を完璧に直す事はもちろん不可能です。(直せるのなら聖杯のみでしょう。)

しかし、その『船』に水が入り、既に『浸水』が始まっていたなら最低でも水の侵入は防がないと航海には出られません。

つまり『根拠』がないトレードなら潔く取引を諦め、『根拠』を一つでも持てるように先ずは『勉強』する事が重要なのです。


マトメ

前項で解説した通り、『根拠』の持てる手法を習得すれば、『強いメンタル』など必要ありません。

『根拠』の無い手法でトレードを行うから、本来なら必要性のない『強いメンタル』を皆さんが欲しがるのです。

『強いメンタル』を要するトレードは、『根拠』の無い『ギャンブルトレード』だと思って下さい。

『継続して勝てるトレーダー』になれば『強いメンタル』は必要がありません。ごく普通の『メンタル力』で十分です。

根拠あるトレードを習得するには、それ相応な時間が必要なのも確かです。

『ギャンブルトレード』を行うのか、時間を掛け努力をし、『勝てる手法』を習得するかのどちらかしかないでしょう。

私から言えることはただ一つ。コツコツと勉強された方が最終的に相場で勝ち残れると言っておきましょう。『急がば回れ』の精神が大切だと思います。

【関連記事】

TOPページへ