通貨ペアによる『相関性』とは

通貨ペアによる『相関性』とは

今回は通貨ペアの『強弱』と『相関性』について書き留めたいと思います。

トレーダーなら、通貨ペアの『相関性』は覚えておきたい重要な項目の一つです。

『相関性』とは

『相関性』をクルマの運転で例えてみましょう。

アクセルを踏み込み、クルマのスピードを出すとガソリンはたくさん消費されます。

次にブレーキをかけ、信号で一時停止するときはガソリンの消費量は少なくなります。

このようにA(クルマ)が動けば、B(ガソリン)も動くという間柄を相関関係と呼びます。

では、もう少し掘り下げます。

通貨ペア、相関
相関性を深堀する

『相関関係』は2種類

『相関関係』には『正』と『負』の2種類があります。

正の『相関関係』とは

再度クルマの運転で例えます。

信号が青になりました。

徐々にクルマのアクセルを踏み込みます。

アクセルの踏み込み量が、増えればガソリンの消費量も多くなります。

つまりA(クルマ)が多くなると、B(ガソリン)も多くなる傾向があるということです。

これが『正』の『相関関係』と呼ばれるものです。

 

通貨ペア、相関
負の相関関係とは
負の『相関関係』とは

では次に高速道路を走っているイメージです。

前方に料金所が見えてきました。

スピードを落とすためアクセルを戻します。

この時、スピードが落ちるとガソリンの消費量も少なくなります。

つまりA(クルマ)が少なくなると、B(ガソリン)も少なくなる傾向があるということです。

この関係を、負の『相関関係』と言います。

 

通貨ペア、相関
逆相関はトレードで有効

『逆相関』とは

『逆相関』とは『正・負相関』と異なり、Aが動けばBが『真逆(Aの)』へ動く関係柄の事を言います。

 


チャートで見る通貨ペアの『相関』

トレードで、通貨の『相関』を見る時は『相関チャート』を使います。

『相関チャート』とは、『相関関係』を数値(相関係数)で表したチャートのことです。

では下の『相関チャート』をご覧ください。

 

通貨ペア、相関関係
相関チャートを見る

『相関チャート』は確認したい通貨の『相関関係』と、『相関』の強弱も確認できる大変便利なチャートです。

『相関チャート』の見方

『相関チャート』は、『相関係数』を基に算出されています。

『相関係数』の見方は下記に示す3項目です。

  • 1に近いほど同じ動き(順関数)
  • 0に近いほど相関性のない動き(無相関)
  • -1に近いほど逆の動き(逆関数)
『逆関数(逆相関)』とは

『相関係数』は、計算式で算出された、-1〜+1までの数値で表わし、2つの変数が逆の方向に動く関係を『逆関数(逆相関)』と言います。この時、『相関係数』はマイナスになります。

『順関数(正・負相関)』とは

2つの変数が同じ方向に向く関係を『順関数(正・負相関)』と言い、『相関係数』はプラスになります。

『無相関』とは

2つの変数が全く無関係に動く場合、『相関係数』は0になります。これを『無相関』といいます。

 

 

通貨ペア、相関関係
ドル円の相関チャート
上の『相関チャート』は『ドル円』です。(※赤がドル/紫が円)
 
解説した1/0/-1.0%と、各々を見て下さい。
 

それぞれの動きが良く分かると思います。

 

通貨ペア、相関
通貨の相関だけを使ったトレードは危険

『相関性』を使ったトレードは有効なのか?

『相関性』をトレードで使用するなら、一つの根拠として目安程度に留めておきましょう。

理由は『相関性』は随時持たれるものでは無いからです。

『相関性』が強いと言われる『ユーロ/ドル』と『ドル/円』でさえ、一時の『相関性』しか無い事をトレーダーなら知っておく必要性があります。

また急な相場変動時(ファンダメンタルズ等)は『相関関係』が崩れる時が多々あるので注意が必要です。

間違っても『相関性』だけを使った取引は行わないようにしてください。

あくまでトレードにおける一つの根拠として、必ず他の手法等と組み合わせてトレードを行いましょう。

 

※昨今のFX界隈では著名なトレーダーが通貨の相関を使い、ハイレバで大きく稼いでいる風を装う動画等を良く見掛けますが、初心者等の方は絶対に真似をしないで下さい。当然こういった手法等で勝てるようなFXでは無い事を注意喚起としてココに書き留めて置きます。

 

通貨ペア、相関