株とFXはIFDOCO注文を使いこなせ!

 

株とFXはIFDOCO注文を使いこなせ!

システム売買(トレード)の第一歩となるのが、今回解説する『IFD注文』や『IFDOCO注文』の取引方法にあたります。

株やFXで、ある程度トレード歴のある方は内容も良くご存じだと思いますが、今回は読者様、特に初心者の方からよくご質問を頂く内容なので分かりやすく解説していきます。

IFDOCO、株
トレードにおける各種注文方法

『システム売買(トレード)』とは

『システム売買(トレード)』とは、リアルトレードにおけるトレーダーの『判断』や『感情』を一切排除したトレードを行う自動売買の事を指します。

『IFD注文』や『IFDOCO注文』は、この『システム売買』に近い運用が可能です。

 


『IFD注文』とは

『IFD注文』とは、英語の『If done order』の略で、トレードが成立した時の利益確定の決済注文や、ストップロス注文を最初の注文と一緒に出せる『注文方法』の事を言います。

特に初心者の方は『損切り』を躊躇すると思います。

『損切り』の重要さは分かっているものの、なかなか『損切り』を実行に移せない方が殆どです。

根拠もなく元に戻るのを待っていてもズルズルと損失が拡大するパターンが殆どです。

結局は合理的な『損切りポイント』で決済が出来ず、最悪は『塩漬け』となります。

幸いにも『ロット』が少なく、『レバレッジ』も低ければ『塩漬け』で済みますが、もしそうで無ければ『追証』や『強制決済』になることも必至です。

こういった事はトレード歴がソコソコあるトレーダーなら誰しも経験したことでしょう。

不必要な『感情』を封じ込めるのもトレードには必要な要因となります。

こういった事も踏まえ、最初に出す『指値注文』と同時に『逆指値注文(ストップロスで使用)』をだす事もトレードには必要です。

 


『OCO注文』

『OCO注文』とは、英語の『One cancels the other order』の略で、2つの注文を同時に出し、一方が成立したらもう一方はキャンセルするといった注文方法です。

この『OCO注文』は『新規注文』でも『決済注文』でも使用できます。

では『ドル/円』で例えましょう。

1ドル=120円で10万ドルの『買いポジション』をあなたが持っていたとします。

その後レートが125円になった時、上に位置する127円付近に強い『レジスタンス』があったとします。

そこで『124円の逆指値の売り注文』と『127円に指値の売り注文』を同時に出しておくといった使い方ができるのです。(※実際のトレードでは細かい端数が入ります)

これによって現在のレート値より『ドル高になれば目標利益を確保しての売り』、『ドル安になれば利益を確保するための売り』を行う事ができます。

 


『IFO注文』

『IFO注文』とは『IFD注文』と『OCO注文』を組み合わせた注文方法です。

あるレート値で約定すれば、その後は『OCO注文』によって『決済注文』が出されることになります。

『IFO注文』と『OCO注文』の考え方をシッカリとマスターしておけば十分に使いこなせるでしょう。

 


まとめ

今回解説した各注文(決済)方法を上手く使いこなせば『システム売買』に近い運用が可能です。

自身もボラティリティの少ない『東京時間』で取引する場合、レバレッジ&ロットを抑えてこの注文方法を良く使用します。

但し注意して頂きたいのはあくまでチャートに『シナリオ』が描ける方が前提です。

初心者等の方は、未だチャートへ『シナリオ』を描くのは無理だと存じます。

こういった方は描けるポイントだけを切り取って注文するのも一つです。

 

IFDOCO、株

【関連記事】

TOPページへ