『デモトレード』は意味ない?プロトレーダーの答えとは

『デモトレード』は意味がないのか?

今回は初心者のみなさんに、『デモトレード』に関する『ジョー』の考え方について書き留めます。FXで大切な運用資金を溶かしたくないなら『デモトレード』で基本をシッカリと必ず学ぶべきだと私は考えます。『デモトレード』で練習するという事は意味のない事では決してありません。

『デモトレード』とは

『デモトレード』とは、FXで実際にリアルマネー(現金)を使用せず、『仮想通貨』でトレーディングができる決済システムの事を言います。

資金を失うことなく(獲得も出来ません。)『リアルチャート(実際の相場)』での取引が可能です。

基本を学ばず、初心者がいきなり『リアルトレード(本番トレード)』を行えば全資金を失うと言っても過言ではありません。

簡単にFXでは稼げないという事を肝に銘じておいて下さい。

この『デモトレード』でFXの基礎をシッカリと学び、トレーディングの経験等を積めば『リアルトレード』を行っても良いでしょう。

『デモトレード』を使えば各種注文方法や、各インジケーターの使い方、各通貨ペアの動き等までもが学習できます。

また『デモトレード』を、一定期間以上行っていれば多少の『相場観』も自然と培えます。

『デモトレード』に関して、やる意味がない、また役に立たない等、巷では賛否がありますが、そういった情報は信じないで下さい。

初心者が『デモトレード』を行う必要性は多分にあります。『デモトレード』を行うという事は、決して意味の無い事ではありません。


『デモトレード』の必要性

私はFX歴が約10年ですが、やり始め当初は『デモトレード』が使える『FX取引業者』は殆ど存在しませんでした。

巷で聞く、『デモトレード』は全く意味がないと言う意見も多く耳にしますが、私はそういった考えではありません。

私がFXをやり始めた事、もしこんな便利なツールがあったなら間違いなくデモ口座への登録を躊躇なく行ない、『デモトレード』を行っていたのは間違いないでしょう。

逆に何故こんな便利なツール、それもトレードの中核たる勉強ができ、勝てる技を習得出来る可能性が有るツールを皆さんがお使いにならないのか不思議でなりません。

それも無料だと言うのに・・


『デモトレード』を必要としない人

『リアルトレード』で直ぐに稼ぎたい気持ちは分かります。初心者に在りがちなのがこういった理由です。

しかしFXはそう簡単には稼がせてはくれません。

私は継続して勝てるまでには約3年の月日を要しました。

巷で聞く『すぐ儲かる!』、『簡単に勝てる!』等の情報は全て偽りなので信じないようにして下さい。

『ビギナーズラック』で勝てる人も中にはいらっしゃいます。しかしこういった方は『根拠』のない『ギャンブルトレード』を行い、たまたま勝てただけなので『再現性』は全くありません。

相場から退場するのは時間の問題と言っておきましょう。

もしあなたが、FXで『継続して勝てるトレーダー』になりたいと真剣に考えているのであれば、『デモトレード』で基礎をシッカリと学んでから、実践(リアルトレード)へと移行して下さい。


デモトレード、意味ない
デモトレードでシッカリ基礎を学ぶ事の重要性

 

『デモトレード』で学習する重要な5項目

初心者の方に『デモトレード』では是非やって欲しい要点を5つマトメてみました。

  1. トレードに必要な『各種決済法』を習得する
  2. 様々な『通貨ペア』を見て、動き、癖等を観察する
  3. 『各種インジケーター』を扱えるようにする
  4. 全てを用いて『デモトレード』を行う
  5. 『デモトレード』後にトレード分析を行う

1.トレードに必要な『各種決済法』を習得する

FXで取引を行うには、様々な決済法を学ぶ必要性があります。

注文は『成り行き』でするのか、『IFD』で行うのか、『スプレット』の開きはどうなのか、また指値』や『逆指値の置き方など多様に及びます。

初心者がいきなり『リアルトレード』を行いながら、『決済法』を平行して学ぶのは無理だと思って下さい。

大切な『時間』や『お金』をも無駄にします。

またリアルの『為替相場』は、あなたに合わせて動いてはくれません。

『為替相場』の動きに合わせ、こういった『各種決済法』をスピーディー且つ確実に執行できるまで、『デモトレード』でしっかりと何回も『各種決済法』を習得する事を推奨します。


 2.様々な『通貨ペア』を見て、動き、癖等を観察する

契約される『FX取引業者』によっては、扱う『通貨ペア』の種類も様々です。

メジャー通貨、10ペアを扱う『FX取引業者』もいれば、マイナー通貨を入れ、150種以上の扱いがある『FX取引業者』も中には存在します。

初心者は先ず、『ドル/円』や『ユーロ/ドル』、又は『メジャー通貨』の『クロス円』や『ドルストレート』の通貨をチャート上に出し、動きを見ていきましょう。

初心者でも時間を掛けて相場を観察すると、どの通貨も個性的な動きや癖がある事に多少なりとも気付くハズです。

もちろんただ見ているだけでは意味がありません、『オセアニア時間『東京時間』、『ロンドン時間』、『NY時間』と各市場の時間帯に分け、その時の動きや特徴もシッカリと観察し、トレードノート等にまとめて下さい。

一見、地味な作業ですが、後の『リアルトレード』では必ず役に立つ時が訪れます。

また、経済指標公表時間もチェックし、公表後にチャートがどう動くか予測し、観察も行って下さい。


 3.『各種インジケーター』を扱えるようにする

あなたが契約した『FX取引業者』が扱う『プラットフォーム』には、各種『インジケーター』が組み込まれています。

この『インジケーター』は、機能が他の『インジケーター』とほぼ同じモノや、違うモノ、あなたにとって使い勝手の良い物、悪い物があります。

これを分別するには、巷の情報(どのインジケーターが使える、使えない情報)は一切無視し、先ずはあなた自身の手でで一つ一つの『インジケーター』を使って検証を行い、その『インジケーター』の特性や使い勝手を習得しましょう。

意外と巷で悪い情報が流れているモノに限って、勝てる物があったりします。

FXで稼ぎたいなら、ご自身で各種『インジケーター』を勉強し、手間がらずにシッカリと検証してみて下さい。

勝てない無駄な『インジケーター』も中には含まれます。しかしこの検証作業自体は決して無駄にはなりません。こういった検証作業は何かしら気付きを貰えるものです。役に立つ時がきっと訪れます。


 4.全てを用いて『デモトレード』を行う

これは3で検証した、使えそうな『インジケーター』と、あなた自身が平行して勉強してきた『手法』や『理論』を組み合わせ使う事を言います。

この一つ一つを『デモトレード』で検証し、また組み合わせをする事で根拠が上積みされます。

もちろん一度や二度の検証では真面な勝率もでません。面倒がらずに何度も繰り返し検証を行ってください。

こういった作業を幾度となく繰り返す事で、使える使えないが自然と分かってきます。


 5.『デモトレード』後にトレード分析を行う

私が一番重要視するのがこの『デモトレード』後の分析です。

それも『負けたトレード』の原因を追及することが最も重要です。

なぜならFXで『継続して勝てるトレーダー』になるには必須だからです。

もちろん容易い事ではありません。

特に初心者なら最初はトレードで負けた敗因など分る術もないでしょう。

しかし、これを怠る方は相場で生き残ることは100%無理だと思ってください。

言い方を変えると、『継続して勝つトレーダー』は、この『負けたトレード』での検証作業を深く追及されてきた方達ばかりです。

少なくとも私、あと私の周りの方達は皆そうでした。

あなたが初心者でトレードで負けたなら、分かる範囲で構わないので『トレードノート』へ理由を書き記しましょう。

理由は何でも構いません。分かる範囲で良いのです。

例えば『怖くなったから損切りした』だけでも良いです。

トレードを長く経験し、こういった負けトレード後の検証を真面目に継続すると、この『怖くなったから損切りした』の答えも、時間が経つにつれて自然と見えてきます。

また『損切り』した場所の設定ミスを深く追及する事で、正しい『損切り』を置くポイントも自然と見えてくるものです。

初心者の負けたトレードでの敗因が今は点でも、検証を重ねる事で点が線で繋がれ、やがては答えを導いてくれます。

その答えこそがトレードで必要な『根拠』なのです。

但し、これらを習得するには相応の時間と経験値、あと学習が必要となるので覚悟も必要です。


マトメ

FXで成功するには、一朝一夕で成し得るものではありません。

それ相応の時間や努力が必ず必要となります。

『急がば回れ』ではありませんが、今回ご紹介した『デモトレード』で勉強を重ねるという事は、決して回り道ではないと私は考えます。

初心者の皆さんは、このページ書き示したことを『デモトレード』で一通り行い、それから『リアルトレード』へ移行すれば、まだ理想に近いトレードを行える確率が上がります。

FXはコツコツ努力した者だけが残れる世界です。

手間がらず、『デモトレード』で基礎をシッカリとマスターして下さい。

※私(ジョー)は不定期に『リアルトレード』を行っています。興味のある方はツイッターで私をフォローして下さい。


デモトレードが使えるFX取引業者

  • みんなのFX

  • ライオンFX

【関連記事】

TOPページへ