【FXでのロールオーバー】意味をわかりやすく解説

『ロールオーバー』の意味とは

『ロールオーバー』とは、2つの異なる通貨(通貨ペア)の金利差を基に保有する『ポジション』を2営業日以降へ持ち越すことを言います。

通常FXでは、外国為替市場における決済法は取引の2営業日後となりますが、店頭外国為替証拠金取引ではトレーダーが決済を行うまで自動的に『ロールオーバー』が行われるシステムになっています。

わかりやすく言うと、未決済建玉の『ポジション』を日を跨いで先延ばしするということです。

この『ロールオーバー』時に発生するのが、いわゆる『スワップポイント』と呼ばれるものになります。


『ロールオーバー』での決済期限

FXでの『ロールオーバー』時における決済期限等はありません。

『ロールオーバー』を使う事により、資産の長期運用が可能となります。


『ロールオーバー』が行われる理由

なぜ『ロールオーバー』が自動的に行われるのでしょうか。

先述した通り、『ロールオーバー』は『ポジション』を保有した2営業日後を受け渡し日として取引が行われています。

そこで、こういった実際の資金の受渡しを行わないで済むようにシステム化され、自動で繰り越しの出来る『ロールオーバー』が採用されているという訳です。


『ロールオーバー』の処理時間

『ロールオーバー』の処理時間については、『FX取引業者』によって様々です。

契約元へ詳細等を必ず確認するようにしましょう。

  • 米国標準時間における適用期間中は各社、日本時間の午前7時前後が通常です。
  • 米国サマータイム適用期間中は日本時間の午前6時前後が通常です。

『スワップポイント』とは

FXでの『ロールオーバー』時に発生するのが、いわゆる『スワップポイント』と呼ばれるのもです。

この『スワップポイント』の意味を、外貨預金と同じように考えている方も多く向けられますが実際にはそうではありません。

『スワップポイント』とは、異なる金利の外貨の通貨ペアを用い、その通貨ペアを保有(ロールオーバー)することにより発生する金利差の差益を言います。

ロールオーバー、意味、FX
スワップポイント

『ロールオーバー』時における『スワップの発生』

上の参照図はドル/円を例にとった『スワップポイント』の大まかな流れです。

新規買い注文で『ドル/円』を100円で購入したとします。

これを『ロールオーバー』し、レートが110円になったところで決済を行います。

すると購入時は100円でしたが、110円で決済を行ったので『スワップポイント』での利益は差し引き10円ということになります。


『ロールオーバー』を行う時の注意点

FXで『ロールオーバー』を行う注意点として、付随する『スワップポイント』が挙げられます。

これは『スワップポイント』が全て優位なものとは限らないからです。

通貨ペアに依っては金利差がマイナスになるものもあり、こういった通貨ペアを『ロールオーバー』で保有する事により、『マイナススワップ』が日々加算される事も知っておきましょう。

もしトレードで『ロールオーバー』されるなら、扱う通貨ペアの『スワップポイント』を契約されている『FX取引業者』へ事前に確認をとっておきましょう。

【関連記事】

TOPページへ