FXの『ロールオーバー』とは/意味をわかりやすく解説

ロールオーバー、意味、FX

FXの『ロールオーバー』とは/意味をわかりやすく解説

 

FXで言う『ロールオーバー』とは、通貨(通貨ペア)を保有する期間を2営業日以降へ持ち越すことを言います。

外国為替市場における決済法は取引の2営業日後となりますが、店頭外国為替証拠金取引ではトレーダーが決済を行うまで自動的に『ロールオーバー』が行われるシステムです。

わかりやすく言うと未決済建玉のポジションを、日を跨いで先延ばしするということになります。

又、この『ロールオーバー』時に発生するのが、スワップポイントと呼ばれるものです。

“FXの『ロールオーバー』とは/意味をわかりやすく解説” の続きを読む