【ナンピン(難平)買いとは】FXでの意味をわかりやすく解説

『ナンピン(難平買い)』とは

難平(ナンピンまたは 何品とも書く)とは、株式やFX等の投資における相場の売買手法を指します。

買い建てした後に価格が下落した場合、下値で買い増しすることで、1株あたりの買い値(平均取得価格)を下げる手法の事を言います。

平均取得価格を低くする事により、その後の上げ幅が少なくても利益が出る、もしくはプラスマイナスゼロ、または軽微な損失で確定できると言われています。


『ナンピン(難平)』行為は推奨しません

皆さんはナンピンをする行為をどうお考えでしょうか。

私は『ナンピン』行為に強く反対します。

特に初心者の方は絶対に『難平』を行わないで下さい。

ナンピンは漢字で『難平』、字のごとし『難を平にする』という行為です。

簡単に説明すると含み損を『ナンピン』することにより平均コストを下げる行為です。

こう書けば良いイメージが湧くと思うのですが決してそうではありません。


『ナンピン(難平)』の正体

では具体例で説明します。

ドル円の価格が現時点で100円だったと想定します。

この時あなたは上がるだろうと判断し(円安/ドル高)ドル買いを1単位(ロット)購入しました。

その後レートは逆行し98円まで下がったとします(円高/ドル安)

この時に『ナンピン』を仕掛けるのです。

更に1単位(ロット)を買ったとします(コレがナンピン行為)

この時点で平均の買いコストは99円に下がります。

レートがその後99円まで戻せば損益はプラスマイナス0で逃げ切れるということなのです。

計算式として・・

(100円 + 98円) ÷ 2(単位・ロット) = 99円

となります。

ご理解いただけたでしょうか。

ココで1番大事なことは、『ナンピン』するにあたり、あなたの手法に強い根拠があり、99円まで戻すという自信が無ければいけないという事です。

残念ながら一般トレーダーの行っている『ナンピン』はこういった正当性のあるものではございません。

根拠も無しに行っている『ナンピン』が殆どで、またこういった『ナンピン』は『ギャンブルトレード』になると認識して下さい。

一般のトレーダーが『ナンピンで助かった!』みたいな話を聞きますが、私には只のギャンブルトレードで偶然勝っただけにしか聞こえません。

継続して勝つトレーダーの方は基本『ナンピン』はしません。

逆に言うと根拠の無い『ナンピン』をされている方はFXで負けている方ばかりです。

勝ててもそれは只の偶然でしょう。

継続して勝つことはあり得ないのです。


根拠なき『ナンピン(難平)』は『逆張り』になる可能性がある

『ナンピン』は意の方向にチャートが進まず、平均コストを下げるために行う行為です。

コレは順張りでしょうか。

そうです、実は『逆張り』なのです。

勝てる手法(レートが返ってくるという根拠)を持ち合わせたトレーダーにおいては逆張りは必然です。

しかし、まだ勝てる手法(レートが返ってくるという根拠)がないといった初心者たちがなぜこういった『逆張り』をする必要性があるのでしょうか。

意の方向性に背くチャートなら直ちに『損切り』を執行して下さい。

執行後も直ぐに入らず、チャートを自分なりに良く分析し、マーケットの流れに沿った『順張り』で必ずポジションをとりましょう。


『ナンピン(難平)』を深堀する

例をもう一つ挙げます。

ドル円相場が100円だと仮定します。

あなたは上がると想定しドル買いのポジションを持ちます。

レートは逆行し98円まで下がりロスカットされたとします。

あなたならココで新規で買いを直ぐ入れますか?

あなたの想定した円安/ドル買いの方向ではないのです。

普通なら買いを入れません。

『ナンピン』とはココで直ぐに買いを入れるという同じ行為なのです。


まとめ

昨今、一般トレーダーの方でも『ナンピンのナンピン』をされる方が多いです。

コレはナンピンを重ね打っていくことです。

私からするとギャンブルにもほどがあるとしか言えません。

残念なのは初心者等に教える立場の方で、この『ナンピン』をあたかも正当性がある行為と情報を発信されている方が多い現実があります。

初心者はこういった情報を間違っても信じないで下さい。

根拠なき『ナンピン』は破滅への序曲です。

 

TOPページへ