【ナンピン(難平)買いとは】FXでの意味をわかりやすく解説

ナンピン買いとは、FX

【ナンピン(難平)買いとは】FXでの意味をわかりやすく解説

『ナンピン(難平もしくは 何品と書く)』とは、株式やFX等の投資における相場の売買手法の事を指します。

株で例えると、買い建てした後に価格が下落した場合、下値で買い増しすることで、1株あたりの買い値(平均取得価格)を下げる手法の事を言います。

平均取得価格を低くする事により、その後の上げ幅が少なくても利益が出る、もしくはプラスマイナスゼロ、または軽微な損失で済むと言われている手法です。

“【ナンピン(難平)買いとは】FXでの意味をわかりやすく解説” の続きを読む