【インフレとは】わかりやすく解説

『インフレ(インフレーション)』とは

英語表記:inflation

インフレデフレは皆さんも良く聞く言葉だと思います。『インフレ』とは、正式に『インフレーション』と言います。わかりやすく言うとモノの値段が上がり、お金の価値が下がることを言います。物価上昇と通貨価値の下落が継続的に続いている事象を言います。

日本では、この『インフレ』の事を『通貨膨張(つうかぼうちょう)』とも言います。

これとは逆で通貨に対し物価が継続して下落する事象を『デフレ(デフレーション)』と言います。『インフレ』も『デフレ』も一長一短の特性があり、メリットを含めどっちが良いとか悪いとかいう事はありません。


『インフレ』はなぜ起こる

『インフレ』が起こる原因を簡単に言うと、供給より需要が多くなる為に起こる事象です。例えば企業がある商品を市場に流したとします。そこへ客が殺到し、商品がうれて品薄になると商品の価格が上がるという事象です。

供給側の企業は利益が増え、そこで働く従業員の給料も増えるという好景気に見舞われた時期に起こる事象です。

一見、良さそうにも見えますが、実際にはモノの本質の価値と通貨価値とのバランスが崩れている状態です。モノの価格はドンドン上がり、通貨の価値はドンドン下がって行く事に繋がります。

『インフレ』が起きると金融政策を発動

『インフレ』が起こり長く続くと、その国の通貨に対する信用度が低下し、経済を中心に様々な支障が起こります。これを阻止し、対策を講じるために、その国の中央銀行金融政策を発動します。

『インフレ』を抑えるには

『インフレ』とは継続して物価が上昇する事象を言います。この物価の上昇を抑える為に、その国の中央銀行は金融機関に国債等を売却する資金吸収オペレーションを発動し、市中に出回る余剰資金を回収し、市場における金利の上昇を促し始めます。これを『金融の引き締め』と言います。

『インフレ』を示す主な指標

『インフレ』に関する指標は沢山ありますが、中でも有名なモノが『CPI(消費者物価指数)』です。物価指数の上昇率が『インフレ』の指標となります。

理想の『インフレ率』とは

経済にとって理想の『インフレ率』とは、緩やかな『インフレ』が望ましいとされています。現実に『インフレ』は景気が良い時に発生します。

『関連記事』

TOPページ