FXの『ピンバー』とは

FXの『ピンバー』とは

英語表記:Pin bar

『ピンバー』とは、ローソク足を使ったプライスアクションの一つで、ヒゲを長く持ち、極度に小さい実体を持つ(※出来高が少ないという事)ローソク足の事を言います。

『ピンバー』は主に、天井圏や底値圏と思われるポイントで注視されます。

これは『ピンバー』の先に強い抵抗帯があると推定され、その後のトレードにおける一つの根拠と成り得るからです。

高値圏での『ピンバー』

ピンバー、FX
高値圏でのピンバーは陰線が多い

上記参照図は、高値圏や天井圏で多く見られる『ピンバー』です。プライスアクションとしては、転換期(下降に転ずる)や調整期を予測するローソク足の形になります。

 

安値圏での『ピンバー』

ピンバー、FX
安値圏でのピンバーは陰線が多い

上記参照図は、安値圏や底値圏で多く見られる『ピンバー』です。プライスアクションとしては、転換期(上昇に転ずる)や調整期を予測するローソク足の形になります。

 

『ピンバー』の定義

良くSNS等で、『ピンバー』に関する定義等を見掛けますが、『ピンバー』には定義等は存在しません。

あくまでローソク足のヒゲが長く、実態が小さいと言う事だけなので注意が必要です。

 

TOPページ