【ハイテク株とは】日本と世界を見る

『ハイテク株』とは

『ハイテク株』とは、大きく分けると『電気関係』や『精密機器関連』、『IT関連』の株の事を指します。

コンピューターや、それにつく半導体であったり電子部品であっり、また最近では『ドローン』や『AI(人工知能』などもこの分野に属します。

またこういった銘柄(ハイテク株)の特徴として、日本は勿論の事、世界規模でのグローバル企業や収益性に富む『国際優良株』が多く見受けられます。

『国際優良株』とは

『国際優良株』は『国際優良銘柄』とも呼ばれ、上場する企業の財務や業績、配当率が高く、将来的に成長が見込められる世界規模での有名な企業の事を指します。また海外ではこの『国際優良株』の事を『ブルーチップ』と呼んでいます。


『ハイテク株』を代表する米国

『ハイテク株』と言われる企業の多くは、マーケットでの熾烈な競争社会の上で成り立つ企業ばかりです。

この『ハイテク企業』の中でも、一際影響力を誇示するのがアメリカの『ハイテク株』です。

アメリカの『ハイテク株』は今や日本を筆頭に、中国や韓国、台湾、イスラエルへの『ハイテク株』へも強く影響する相関性があり、世界市場への影響も留まることを知りません。


日本を代表する『ハイテク株』

アメリカの『ハイテク株』にも負けないくらいの影響力を持つ日本の『ハイテク株』。

こういった日本の銘柄は時価総額が多いのが特徴的です。

近年、日本のマーケットではこういった『ハイテク株』は、『ジャスダック』への上場が多く見受けられ、また『日経平均株価』での『値嵩株(ねがさかぶ)』も多く、日本市場のマーケッティングをする際には必要不可欠な銘柄でもあります。

  • 京セラ
  • 富士通
  • ソフトバンク
  • 楽天
  • Yahoo!
  • ファナック
  • 東京エレクトロン
  • 日立ハイテクノロジーズ
  • 日本電産
※『値嵩株(ねがさかぶ)』とは

『値嵩株(ねがさかぶ)』とは、1単元当たりの株価の水準が高い銘柄のことを指します。


アメリカを代表する『ハイテク株』

世界市場への影響力を持つアメリカの『ハイテク株』の多くが『国際優良銘柄』です。

2017年以降における『NYダウ』の上昇の要因は、アメリカの『ハイテク株』が影響したと言われています。

  • アマゾン
  • シスコシステムズ
  • Google
  • アップル
  • テスラ
  • インテル
  • ウーバー
  • アルファベット()
  • ネットフリックス
  • フェイスブック
  • アドビ・システムズ

【関連記事】

TOPページへ