【通貨ペア】取引量ランキングベスト10

 

通貨ペアによる取引量ランキングベスト10

  1. EUR/USD (ユーロ/米ドル)
  2. USD/JPY (米ドル/日本円)
  3. GBP/USD (英ポンド/米ドル)
  4. AUD/USD (豪ドル/米ドル)
  5. USD/CAD (米ドル/カナダドル)
  6. USD/CNY (米ドル/人民元)
  7. USD/CHF (米ドル/スイスフラン)
  8. USD/HKD (米ドル/香港ドル)
  9. EUR/GBP (ユーロ/英ポンド)
  10. USD/KRW (米ドル/韓国ウォン)

上位は変わりませんね、カナダドルが意外と人気です。(2019年4月現在)

通貨ペア、取引量ランキング
通貨における相関性を考察

『通貨ペア』の相関性

どうも初めまして。ドル円を専門に取引するトレーダーのジョーと申します。

トレードを行うに際し、場合によって相関性は必要不可欠な根拠づけとなる時があります。

各種通貨ペアはとても個性的な動きをします。

他の通貨と連動する相関、逆相関を見ているだけで実に面白いものです。

私は長く勝てない時期に各種通貨ペアのクセや、他通貨との相関性を深く勉強させてもらいました。

その知識が今となっては欠かせない根拠となる場面もあります。

 


相関性だけを使ったトレードは行わない

各種通貨ペア取引に用いられる相関性ですが、常に相関を持った状態ではありません。

通貨ペアによっては殆ど相関性の無い物や、中には『ドル/円』と相関性が強いと言われる『ユーロ/ドル』でさえ一時の相関性しか無いのです。

こういった事を考慮しても、通貨ペアによる相関性は取引時において一つの根拠づけくらいに留めておいた方が賢明でしょう。

相関性だけを使った取引は行わないように注意が必要です。

 


まとめ

通貨ペアは長期間取引することによって、通貨のクセや動きがある程度見えて来るものです。

そこに入る大口投資家たちの思惑が不思議と見えて来ます。

複数の通貨ペアで取引されている限り、ココで言う境地へは辿り着けないと私は考えています。

少ない通貨ペアと如何に長く付き合いするかが、継続して勝てるトレーダーへのステップだと思っています。

これが私の思う『取引通貨ペアを少なくする』の理由です。

 

通貨ペア、取引量ランキング

TOPページへ