【プロップトレーダー】意味を含め、わかりやすく解説

『プロップトレーダー』とは

英語表記:Proprietary Trader(自己資金運用)

『プロップトレーダー』の意味は、『プロップファーム』で雇用されるスタッフの事を指します。

私は現在プロとしてトレードを行う者ですが、こういった個人の『プロトレーダー』とは内容が異なるものです。

元々、欧米が発祥の地とされ、ニューヨークを中心とした『プロップファーム』内で働く人材の事を指していました。

『プロップトレーダー』が行う取引量は、現在アメリカおける株式取引全体の30%前後を占めるとまで言われており、数年前から急成長している新しい形態のビジネスモデルでもあります。

近年、投機筋ヘッジファンド等)への金融規制強化等もあり、ファンド内で大きく稼げなくなった有能な人材(トレーダー)が社外へ飛び出し、こういった『プロップファーム』で働く有能なトレーダー達が増えているという事です。

今回は、この『プロップトレーダー』について出来るだけ分かりやすく解説していきます。

プロップファーム、意味
プロップファームの原点

『プロップファーム』とは

英語表記:『Proprietary Trading Firm』

基は『シカゴ・マーカンタイル・エクスチェンジ』での、先物の会員であった方の一企業がルーツです。

アメリカにおける取引所の立会場が廃止されたことにより、この立会場での会員企業が独立起業したと言われています。

また銀行系のディーラーたちも、これに併せて起業し、現在の『プロップファーム』の原型となります。

『プロップファーム』は投機筋(ヘッジファンド等)を中心に有能なトレーダー達をハンティングします。

こういった有能なトレーダーと契約する事で『プロップファーム』は大きな利益を上げているのです。

プロップファーム、意味
プロップファームの実態は見えにくい

『ヘッジファンド』と『プロップファーム』の大きな違い

『ヘッジファンド』と『プロップファーム』の大きな違いは、顧客の資産を運用するか否かです。

『ヘッジファンド』や『CTA』は顧客の資産を運用しますが、『プロップファーム』は自社で賄う資金に依って運用されています。

自己資金を運用する面では、私たち『プロトレーダー』と変わりがないのですが、圧倒的な違いは運用資金の豊富さと、売買時に設定されるレバレッジ比率(プロップは高いレバレッジ設定が可能)が大きく異なります。

また『プロップファーム』は、ヘッジファンド同様に情報を開示する事は殆ど無く、実態が見えにくいのも特徴です。

 


『プロップファーム』の運用手法

『プロップファーム』が行う手法は『裁定取引』が多くを占めます。

これは自動売買におけるシステムを構築した取引のことで、主に扱う商品として『コモディティ』や『金融先物』が有名です。

昨今では『プロップファーム』が取引シェアを拡大し、取引額を見ても存在感を増す一方で、金融関係者はこの『プロップファーム』を第2の『ヘッジファンド』と位置づけ、動向を注視しています。

 

プロップトレーダー、意味
プロップファームとプロップトレーダーの関係柄

『プロップトレーダー』と『プロップファーム』との信頼関係

『プロップファーム』のイメージとして、投資専門会社という組織めいたイメージを持たれている方が多いと思うのですが、私の知る限り個人投資家の方達も多く運営しています。

割とこじんまりした企業というイメージが強いのも事実です。

『プロップファーム』と契約を交わした『プロップトレーダー』は、元ヘッジファンドのマネージャーであったり、元銀行の凄腕ディーラーなど、高度な運用実績が既に証明されている方達ばかりです。

また、雇用側(プロップファーム)との間で、強い信頼関係を構築しながらトレーディングを行っているのも『プロップトレーダー』の特徴でもあります。

『プロップトレーダー』へ払われる報酬額は、過去の実績に依り取引額の30%から90%と幅も広く設定され、またこれらは運用実績で報酬額も上積みされていくという完全歩合給制となります。

  • 『プロップトレーダー』のメリット

雇用される『プロップトレーダー』側のメリットとしては、ファンドやディーラー時代とは違い、高い報酬を手にするチャンスがあり、また得意な金融商品や手法でのトレーディングが行えます。(一部プロップファームでは規制在り)

  • 『プロップファーム』のメリット

有能な実績ある『プロップトレーダー』に運用を託すため、大きな利益を上げる事が可能となります。また大きな利益を上げるためには、如何に優秀な『プロップトレーダー』を確保するかが課題でもあります。

『プロップファーム』は、基本的に『プロップトレーダー』をヘッドハンティング等で自社へ勧誘します。このために必要な情報(有能な人材の)を得るため業界にアンテナを網羅する『プロップファーム』が多いのも事実です。

 

プロップトレーダー、意味
自称『プロップトレーダー』にはご注意を!

『プロップトレーダー』に関する注意喚起

昨今の投資ブームも重なり、この『プロップトレーダー』も現在では注目されている職種でもあります。

日本では、SNS等で自称『元プロップトレーダー』の方達が高額サロン等を開き営業を強めているのをよく拝見します。

本物の『プロップトレーダー』は、世界でも圧倒的少数な存在です。本来なら過去に相応の実績がある方しか成り得ない存在でした。

私の知る限り、日本人の『プロップトレーダー』は若干数しか存在しません。もちろんSNSで顔出しを行う『プロップトレーダー』など聞いたこともありません。

こういった自称『プロップトレーダー』を語る方の勧誘は注意をして下さい。

また『プロップトレーダー』の育成機関と称し、多額の授業料を得る組織にも注意が必要です。

本物の『プロップトレーダー』は育成してなれるといった類のものでは無い事をご周知下さい。

少し余談ですが、私が個人的に付き合いのある在NYの『プロップトレーダー』は元ヘッジファンドの方です。

この方が属する『プロップファーム』のCEOは個人の著名な大口投資家でもあります。

『プロップトレーダー』として働く理由は、扱える資金の豊富さ(高いレバレッジを掛けるのでヘッジ時代の数倍は稼げるという事)と、自身の裁量を変更せずにトレードを行えるという事です。

またトレードリスク(損失はファーム側が補填)が低く抑えれる事ができると言っていたのも印象的でした。

 

プロップトレーダー、意味

『関連記事』

TOPページへ