【ポジショントーク】意味をわかりやすく解説

『ポジショントーク』は使い方次第で法に触れる

昨今のSNS等では、よく見聞きする『ポジショントーク』。フォロワー数も少ない一般の方なら未だしも、いわゆる『インフルエンサー』と呼ばれる方達がこういった『ポジショントーク』を行えば、一歩間違えれると法に触れるのをご存知でしょうか。今回はFXを始め、投資家の方なら知っておくべき『ポジショントーク』について、意味を含めわかりやすく解説していきます。


『ポジショントーク』とは

『ポジショントーク』の意味ですが、これはマーケット参加者が持った『ポジション』の優位性を持たせるための会話や言動の事を指します。『ポジショントーク』は和製英語となり、使われる場所は金融マーケット全般に及びます。

こういった『ポジショントーク』の多くは主観的に発言されているものが多く、自身の保有する『ポジション』の優位性を導くため、これに合った材料(情報)を会話や言動を通じ発信する事を言います。

最近ではSNSを使った『ポジショントーク』が注目されています。


『ポジショントーク』の危険性

先述した通り『ポジショントーク』を発信するあたり、法に触れる内容の会話や言動があります。

これは、自身の保有する『ポジション』の優位性、又は方向性へ導くため、事実とは異なる内容の文言を会話や言動に含める事を指します。

こういった文言の会話や言動を行えば『風説の流布』と解釈され、金融界では不法行為として摘発される可能性があるので注意が必要です。


風説の流布』と見なされない会話や言動とは

『風説の流布』と見なされない言動とは、『ポジション』を持った者が優位性など意図して考えず、単純に憶測だけで発する会話や言動のことを言います。


金融アナリストの『ポジショントーク』

私達が普段入手しやすいSNSや経済情報での相場概況では、いわゆる金融機関等のアナリストや代表者がコメントを発するのをよく見聞きします。

こういった方達の殆どが『ポジショントーク』ですので情報には注意が必要です。


まとめ

『ポジショントーク』とは、自身が持つ『ポジション』について、利益が欲しいがために優位性を発信する会話や言動の事を指します。

また、自身の保有する『ポジション』の『優位性』を確保するため、事実とは異なる情報を発信すれば『風説の流布』として不法行為に当たることを理解しておきましょう。

FXトレーダーを含めた投資家達の発言の場は、今やSNSで誰でも簡単に情報が発信できる時代です。

こういったSNSの情報で惑わされて取引される投資初心者の方も多く、損失を抱えられる方も少なくありません。

こういった背景もあるので、特にインフルエンサーと呼ばれる方達には気を付けて情報を発信して頂きたいものです。

【関連記事】

TOPページへ