【カットオフタイムとは】意味をわかりやすく解説

『カットオフタイム』とは

FXのトレードでも非常に重要な時間、『カットオフタイム』。『ロンドン市場』での『ロンドンフィックス』や『ニューヨーク市場』での『ニューヨークオプションカット』が中でも有名です。トレーダーの中には、この『カットオフタイム』でトレードされる方もいるぐらい重要視されている時間帯でもあります。今回はこの『カットオフタイム』の意味や仕組みを、わかりやすく解説します。

『カットオフタイム』とは、通常は各市場(マーケット)での『通貨オプション』の権利行使を行なうための締め切り時間の事を指します。もちろん日本(東京市場)での『カットオフタイム』も実存します。

この最終的な締切時間を『オプション』の『カットオフタイム』と言います。

わかりやすく言うと、『カットオフタイム』は最終的な締切時間の事なので、『通貨オプション』においては、予め決められた満期日の最終的な締切時間のことを指し、また海外送金においては、送金指図の受付の締切時間の事を言います。

  • 通貨オプションでの『カットオフタイム』とは

満期日における最終の締め切り時間

  • 海外送金での『カットオフタイム』とは

送金指図による、受付の締切時間

※通常、『外国為替市場』において、『通貨オプション』の満期日は対象となる日時と市場が既に決められています。


『カットオフタイム』では相場が大きく動く可能性がある

最終的な締切時間を『オプション』の『カットオフタイム』と言います。

この時間帯の前後では、『オプション』における『ポジション調整』のための売買が頻繁に多く行われます。

為替レートが大きく動く時が多々あるので、取引には注意が必要です。


『ニューヨークオプションカット』とは

世界中にある、数ある市場の中でも『カットオフタイム』で有名なのが『ニューヨーク(NY)オプションカット』です。

わかりやすく言うと、これは『NY市場』における、『通貨オプション』の『カットオフタイム』の事を指し、『ニューヨークオプションカット』とも呼ばれています。

  • 『NYオプションカット』の締め切り時間

『NYオプションカット』の締め切り時間は、『日本時間』の24時(夏時間:23時)

※『NY市場』での『オプションカット』の取引量は、他の市場と比べて群を抜いており、相場を時に大きく動かす可能性があります。

こういった背景もあり、トレーダーを含めた為替関係者は、他の市場における『オプションカット』より『NY市場』における『ニューヨークオプションカット』を重要視する傾向がります。


【価値あるロジックの提供を始めます】

『FXは難しい、勝てる訳がない』と諦めていませんか?

FXはその場を切り取ったトレードをしても残念ながら勝てません。

本質は全く違う所にあります。

投資歴30年でようやく構築した独自のロジックを、『FXの極意(ハント・ダウン)』に全てを記述し、公開する事にしました。

過去には私自身も『FXは絶対に勝てない』と諦めた一人ですが、現在このロジックを使用し、夢を一つ、また一つと実現しております。

FXの極意(ハント・ダウン)では、FXの本質を惜しみなく公開していきます。

あとはあなたのやる気次第です。

ご興味ある方は下のバナーをクリックして下さい。

カットオフタイム、意味

【関連記事】

TOPページへ