【カットオフタイムとは】意味をわかりやすく解説

 

『カットオフタイム』とは

FXのトレードでも非常に注目される時間帯、『カットオフタイム』。

トレーダーの中には、この『カットオフタイム』専門で取引される方もいるぐらい注目される時間帯でもあります。

今回はこの『カットオフタイム』の意味や仕組みを、わかりやすく解説します。

カットオフタイム、意味
『カットオフタイム』の意味とは

『カットオフタイム』とは、各市場(マーケット)における『通貨オプション』の権利行使を行なうための締め切り時間の事を指します。

この最終的な締切時間を『オプション』の『カットオフタイム』と言います。(※もちろん日本(東京市場)での『カットオフタイム』も用意されています)

わかりやすく言うと、予め決められた『満期日』の最終的な締切時間のことを指し、また海外送金においては『送金指図』の受付の締切時間の事を言います。

  • 通貨オプションでの『カットオフタイム』とは

『満期日』における最終の締め切り時間

  • 海外送金での『カットオフタイム』とは

『送金指図』による、受付の最終締切時間

※通常、外国為替市場においては『通貨オプション』の満期日は対象となる日時と市場が既に決められています。

カットオフタイム、意味
『カットオフタイム』は注意すべき時間帯

『カットオフタイム』では相場が大きく動く可能性がある

『カットオフタイム』の時間帯前後では、『オプション』における『ポジション調整』のための売買が頻繁に行われます。

この為に為替レートが大きく動く時があるので、取引には最新の注意が必要です。

カットオフタイム、意味
ニューヨーク市場での『カットオフタイム』は注視すべき

『ニューヨークオプションカット』とは

世界の数ある市場の中で、最も注目される『カットオフタイム』は『ニューヨークオプションカット』です。

これはニューヨーク市場における『通貨オプション』の『カットオフタイム』の事を言います。

  • 『ニューヨークオプションカット』の締め切り時間

『NYオプションカット』の締め切り時間は、『日本時間』の24時(夏時間:23時)です。相場が大きく動く可能性がある時間帯なのでトレーダーは注意が必要です。

※『ニューヨーク市場』での『オプションカット』の取引量は、他の市場と比べて群を抜いており、前述したように相場を時に大きく動かす可能性がある事を覚えておきましょう。

 

カットオフタイム、意味

【関連記事】

TOPページへ