【債務超過とは】貸借対照表が判断基準

債務超過とは

『債務超過』とは債務者の負債の総額が資産の総額を超える状態の事を指します。

仮に資産を全て売却しても、借金などの負債を全額返済しきれない状態のことを指し、企業では、『貸借対照表』において、負債(債務)が資産(財産)を上回った状態を指します。

こういった状になると資本(純資産)の金額はマイナスになります。

つまり資産の全てが他人資本(負債)によって賄われており、その全資産を売却してもまだ負債が残るという状態の事を指します。

一般に『債務超過』に陥った『企業』は、財務体質として常に危険な状態を指し、またこれにより社会的信用を失墜し事業継続が困難となり、倒産の危険性が極めて高くなります。

今現在『東京証券取引所』では、原則として『連結貸借対照表』において、上場企業が『債務超過』の状態となった場合、1年以内に『債務超過』の状態が解消されなかった時は『上場廃止』が施行されます。


債務超過を脱するには

 

『企業』が『債務超過』を脱するには下記に示す3つの選択肢があります。

  • 事業を立て直し、利益を上げ『資産』を増やす。
  • 『増資』するか『債権側』に『負債』を放棄してもらう。
  • 『負債』と『資本』を交換する『DES』を行う。

通常、『債務超過』に陥ると経営面や財務面で極めて危険な状態となり、時間の経過と共に経営が悪化するパターンが多くなります。

またこういった場合、実際に倒産に至ることが多く、早急に抜本的な対策を取ることが必要不可欠となります。


『倒産』とは

倒産とは、経済的に破綻し、弁済期にある債務を弁済できなくなる状態で、且つ経済活動を継続することが困難になる状態の事を指します。

実際には、『企業』が『債務超過』になったからといって、すぐに倒産する訳ではありません。

普通なら資金繰りがつけば、直ぐに『倒産』するということはないのですが、一方で『債務超過』でなくとも支払いが滞れば直ぐに『倒産』します。

『債務超過』という『信用力』が失墜した時点で、取引先が早期の支払いを求めてくるケースが非常に多く、コレに支払いに回すなどし、債務超過が拡大するにつれ『倒産』へと追い込まれていくパターンも非常に多く見受けられます。

【関連記事】

TOPページへ