【債務超過とは】貸借対照表が判断基準

債務超過とは、貸借対照表

債務超過とは

『債務超過』とは債務者の負債の総額が資産の総額を超える状態の事を指します。

仮に資産を全て売却しても、借金などの負債を全額返済しきれない状態のことを指し、企業では、『貸借対照表』において、負債(債務)が資産(財産)を上回った状態を指します。 “【債務超過とは】貸借対照表が判断基準” の続きを読む