【ウォール街の歴史】金融を中心に解説

トレーダーなら行ってみたい『ウォール街』

金融に携わる方なら、一度は歴史に触れながら『ウォール街』を訪ねてみたいと思ってる方も少なくないと思います。世界最大の金融取引市場でもある『NY証券取引所』や、『FRB(連邦準備制度理事会)』傘下の『ニューヨーク連邦準備銀行』等の場所もここ、『ウォール街』へ籍を置いています。

『ウォール街』付近には、『フェデラル・ホール』や『トリニティーチャーチル』などもあります。『ブロードウェイ』を少し南に少し下ったところにある雄牛像は有名ですよね。今では観光名物となったこのブロンズ像『チャージング・ブル(突進する雄牛)』は、イタリアのシチリア島出身の芸術家アルトゥーロ・ディ・モディカが制作し、1989年12月15日に無許可で『ニューヨーク証券取引所』前に設置したので話題にもなりました。


ウォール街、歴史
ウォール街

 

『ウォール街』とは

『ウォール街』とは、米国ニューヨーク州、ニューヨーク市にあるマンハッタン島の一部の場所の名称を指します。

『ウォール街』の名前は、元々マンハッタン島の南端部に位置する通りの名称です。

元はマンハッタン島南端のストリートの名前でしたが、現在では『ブロードウェー』にある、『トリニティ教会』の正面から『イーストリバー』までの通りと、またその辺りのことを指します。

ウォール街、歴史
ウオール街のマップ

かつての『ウォール街』は、それまで金融の中心でもあった『ロンドン市場』から、世界の基軸通貨国でもあるアメリカ合衆国が『国際金融マーケット』における主導権を、英国より奪い取った経緯があります。

これにより、米国のみならず世界各国から金融各機関における本社機能がここ『ウォール街』へ集中したのです。

現在ではこの『ウォール街』へ残る金融各機関の本社機能は殆ど見る影もありません。

こういった金融各機関の行先は『タックスヘイブン』であるマンハッタンの『ミッドタウン』や、通信環境に関して素晴らしい発展を遂げたニュージャージー州への移転が殆どです。

『ウォール街』に最後まで留まっていた『JPモルガン・チェース』が、2001年11月、本社屋をドイツ銀行に売却し、もはや『ウォール街』には真っ当な米国資本を持った大手金融機関関連の本社機能は現存しません。

しかし証券取引所のほか、銀行・証券会社・商社等が集まる世界金融の中心地には変わりはないのです。


『ウォール街』名前の由来

『ウォール街』の名前の由来ですが、話しは1652年に遡ります。

現在の『ニューヨークシティ』は当時、『ニューアムステルダム』と呼ばれていた時代です。

これは、『ニューアムステルダム(現ニューヨークシティー)』を統治管理していた『オランダ西インド会社』が、『インディアン』や、ニューイングランドに入植したイギリス人から攻撃を避けるため、多くの木材を利用して築いた防護壁(wall)に由来します。(※現ニューヨークシティーは、『オランダ(ネーデルラント連邦共和国)』が当時管轄していた植民地でもあります。)

『ウォール街』の『ウォール』はココから引用されています。

しかし実際の戦いで利用されることは無かったので、1699年に解体され今に至ります。

また、『ウォール街』はニューヨーク発祥の地とされています。


『ウォール街』の歴史

  • 1792年〜:材木の取引のために商人投資家が集まり非公式に取引所を開設しました。これがニューヨーク証券取引所の起原と言われています。
  • 1837年〜:当時のアメリカ合衆国大統領『アンドリュー・ジャクソン』は、『州立銀行』を奨励し、ウォール街の成長を阻んでいましたが、『州立銀行』の株や債券は『シティ・オブ・ロンドン』の資本家に購入されていた事もあり、上手く軌道に乗りませんでした。
  • 1837年〜:アメリカに金融恐慌が起こり『州立銀行』が兌換停止に追い込まれます。この時に『第二合衆国銀行』の特許更新を阻止していた為、最後の貸し手を失う事になります。この反省から『ボストン』を経由した『ウォール街』への資本一極化が一挙に進んでいきます。(※1837年に起こった恐慌は、1840年代まで続く大きな景気後退を誘発したアメリカ合衆国の金融危機です)
  • 1907年〜:『ジューニアス・モルガン』と『ジョン・モルガン』親子が活躍した時代です。ジョン・モルガン』1907年の金融恐慌の立役者となり、『ロックフェラー家』と一緒にに『連邦準備制度』の創設にも携わります。(※1907年恐慌とは、アメリカ合衆国で1907年10月に発生した金融恐慌の事を指します。原因は前年制定の『アームストロング法』による資金移動と言われています。)
  • 1929年〜:『メロン財閥』が力を持ち、国政に関与した時代です。その後『ウォール街大暴落 (1929年) 』が発生。当時の『ペコラ委員会』が『ジョン・モルガン』の息子である『ジャック』の『インサイダー取引』を暴いた事件はあまりにも有名です。『ウォール街』に対する規制は第二次世界大戦に参戦するまで続きます。
  • 1950年〜:株価が上昇し、『インサイダー取引』が普通に行われ、一攫千金を狙う者たちがココ『ウォール街』に集まり出した時代でもあります。

『ウォール街』は、こういった歴史的背景もあり、現代でも『金融シティー』として世界一有名な場所であることには変わりません。

【関連記事】

TOPページへ