【ウォール街の歴史】金融を中心に解説

ウォール街、歴史

トレーダーなら行ってみたい『ウォール街』

金融に携わる方なら、一度は歴史に触れながら『ウォール街』を訪ねてみたいと思ってる方も少なくないと思います。世界最大の金融取引市場でもある『NY証券取引所』や、『FRB(連邦準備制度理事会)』傘下の『ニューヨーク連邦準備銀行』等の場所もここ、『ウォール街』へ籍を置いています。

『ウォール街』付近には、『フェデラル・ホール』や『トリニティーチャーチル』などもあります。『ブロードウェイ』を少し南に少し下ったところにある雄牛像は有名ですよね。今では観光名物となったこのブロンズ像『チャージング・ブル(突進する雄牛)』は、イタリアのシチリア島出身の芸術家アルトゥーロ・ディ・モディカが制作し、1989年12月15日に無許可で『ニューヨーク証券取引所』前に設置したので話題にもなりました。

“【ウォール街の歴史】金融を中心に解説” の続きを読む