『実体経済とは』分かりやすく解説

『実体経済とは』分かりやすく解説

英語表記:Real economy

『実体経済』とは、『物(製品)』や『サービス』を生産・販売し、それに対して対価を支払うというような『実体』を伴った『経済活動』の事を言います。

これはGDPでも示される、『消費財』や『投資財』における付加価値の生産や分配機構の事を指します。

『実体経済』に関わる主な市場

『実体経済』に関わる市場として『財市場』や『労働市場』、また『貨幣市場』が挙げられます。

『実体経済』はこの中でも『財市場』と『労働市場』の関係が特に深く関係します。

『資産経済』は重要な指標

『資産経済』は、『実体経済』における金利や利益から派生します。

こういった観点から『資産経済』は、常に『実体経済』への影響が大きいと考えられています。

 

TOPページ