FXは頭と尻尾はくれてやれ

FXは頭と尻尾はくれてやれ

英語表記:Give Head and Tail

数ある『相場格言』の中で『頭と尻尾はくれてやれ』という格言は皆さんご存知でしょうか?

この格言は特に為替初心者に向けた言葉でもあります。

『頭と尻尾はくれてやれ』の意味

『頭と尻尾はくれてやれ』とは、最初は無理をせず(深追いせず)無難なところで利確(利益を確定)しましょうという意味合いです。

私もFXをはじめた頃この言葉をシッカリと肝に銘じトレードを行ってきたのも事実です。

そこそこ勝てるようになってきた時期でも、魔法の言葉の如く信じ大事にしてきました。

その結果トレードではトレンドが発生し、せっかく利益をコレから伸ばせるという時にチキン利食いばかりします。

いわゆる『損小利小』です(損も少ないが利益も少ない)

このトレードを行う前は『損大利小』(損が大きく利益は少ない)でしたが・・w

『損大利小』時代に比べ大きな負けは少なくなったのですが、大きな勝ちも望めない状況です。

このトレード内容で、半年前後は取引を行っていたと記憶しています。


『損小利大』を目の当たりにする

私は、この時期前後にAさんという、後のFXのご師匠と出会います。

Aさんに私のリアルトレードを見て頂いた後、強く『頭と尻尾はくれてやれ』の言葉を否定されたのです。

『石橋を叩くようなトレードですね・・』

『投資をしているトレード内容じゃない・・』

恥ずかしいですが当時ご師匠に言われた言葉を包み隠さず書きます。

墓場まで持って行くつもりでしたが。

『本当に成功したいのならもっとリスクをとりに行きましょう』と言われました。

Aさんからすると当時、私のトレードはそこそこ根拠づけのできるトレード内容に仕上がりつつあった状態です。

その手法を持っていながら利益を伸ばせる大事な局面でミスミス自ら利確(撤退)するのはFX(投資)本来の稼ぎ方ではないと否定されたのです。

私のご師匠であるAさんのトレードは一度狙ったターゲットはギリギリまで攻めるトレードを軸にしています。

もちろん強い根拠のあるロジックを持ち合わせた本物のプロトレーダーです。

ある一定ラインまでは通常のロット数(それでも千枚単位です)で攻め、ほぼ勝てると判断したポイントで『買い乗せ&売り下がり』をドンドン打ち込みます。

この時点(買い乗せ&売り下がりを仕掛けるポイント)でレートが最悪逆行しても建値で切るという手法です。

当時、たいして勝てなかった(損小利小)自分はこの光景を目のあたりしカラダが震えだしたのを今でも覚えています。

本当にこの時は衝撃でした・・・

Aさんの行うトレードはまさに『損小利大』そのものです。

最後まで狙ったターゲットを追い込み、利益を最大限に伸ばす手法です。

私のリアルトレードをご覧になられた読者のみなさんはコレを見て納得するでしょう・・

そうです、今の私はAさんと同じ、最後の最後までターゲットを追い詰める手法です。

ココにも一般トレーダーとプロトレーダーとの違いが明確にでます。


マトメ

あなたがある程度自分の手法に自信(根拠ある)があるなら『頭と尻尾はくれてやれ』戦法は捨て、トコトン追い詰めてレートを刈る術を身につけるのも成功へのステップだと思って下さい。

でもこれはある程度勝てるロジックを持ち合わせたトレーダーに限る手法です。

初心者の皆さんはこの勝てる手法を手中に収めるまでは『頭と尻尾はくれてやれ』をモットーにして下さいね。

私が思う『頭と尻尾はくれてやれ』とは、難しいと思った局面ではトレードをしない、もしくはそういった局面で既にトレードを行っているなら直ぐに損切りする勇気を持って下さいという事です。

TOPページへ