買い乗せと売り下がりは強い武器になる

買い上がり、売り下がり

『買い乗せ』『売り下がり』とは

今回は為替用語で使う、『買い乗せ』と『売り下がり』の意味について書き留めたいと思います。

一般トレーダーとプロトレーダーの収益の差は、決定的な違いがココにもあると私は考えています。

これからFXでの成功したいと思うなら、重要且つ必須のポイントとなりますので最後まで読んでみてください。

買い乗せ、売り下がり
買い乗せ、売り下がりとは

『買い乗せ』とは

では『買い乗せ』からイメージします。

例えば、あなたがロングポジションを保有していたと仮定します。

あなたの予測通りに相場はアップトレンドを形成し更に上昇する様相です。

この局面であなたは強気で『買い注文』を更に上乗せします。

この行為が『買い乗せ』です。

『売り下がり』とは

『売り下がり』とは『買い乗せ』とは逆で、ショートポジションにおいて『売り注文』を重ねていく行為です。

買い乗せ、売り下がり
買い乗せ、売り下がりはFXの魅力

『根拠』の強弱に依って使い分けをする

私はFXを始めて3年前後は殆ど勝てなかった時期があります。

理由はFXに必要な根拠ある『手法』と『正しい相場観』が無かったからです。

しかしこの3年間で努力を積み、根拠を一つ一つ増やしながら『相場観』を培ってきました。

FXは大きく分けて自分の得意とする局面(根拠が強い)と、得意じゃない(根拠が弱い)局面と2つあります。

例えば私を例に挙げると、得意とする局面では通常よりロットを多く注文し、レバレッジを上げます。

イメージしたターゲット値に到達すれば、次のターゲット値まで更に『買い乗せ』を行うといった感じです。

では得意じゃない局面(根拠が薄い場面)ではどうでしょうか。

私の場合はエントリーを極力抑えますが、注文を出したとしても『買い乗せ』は一切行いません。

みなさんはどうですか。

エントリー時のロット数やレバレッジは根拠の強弱よって変えていますか?

私は勝てない時期、エントリーからイグジットまで『単一ロット』でトレードを行い、今回解説する『買い乗せ&売り下がり』など一切行っていませんでした。

その結果、せっかく利益を伸ばせるポイントでも大きく『稼ぐ』こともなく、ある程度の資産を形成するまで必要以上に時間を要したのは言うまでもありません。

FXで根拠を持ちながら、なかなか収益を上げる事が出来ないトレーダーは、『買い乗せ』と『売り下がり』を上手く利用出来ていない事が大きな理由だと思います。

『買い乗せ』と『売り下がり』を上手く利用する事で、FXは収益を何倍にもする事が出来るのです。

買い乗せ、売り下がり
トレーダーはリスクをとる人のこと

『リスク』をコントロールする

例えばあなたの手法で根拠あるトレード局面があったとします。

オーダーするにあたり、あなたが考える『リスク量』が1だとします。

私はココで『リスク量10』をとるのです。

一般の方と比べると10倍以上は『リスク』をとる感じです。

これを聞くとビックリされると思いますが、これが一般トレーダーとプロトレーダーとの決定的な違いなのです。

但し気を付けて頂きたいのは、あくまで勝てる(強い根拠)手法を持ち合わせたトレーダーに限ってのお話です。

根拠の薄いトレードなら、『買い乗せと売り下がり』は只のギャンブルトレードになるという事も理解して下さい。

買い乗せ、売り下がり
リスクは2つ

『リスク』は2種類

一般トレーダーの殆どが、『リスク』という言葉を否定的に捉えていると思います。

私が考える『リスク』は2通りあり、『良いリスク』と『悪いリスク』です。

私が思うFXでの最大の魅力がココにもあります。

『良いリスク』とは

『良いリスク』とは、根拠ある局面での『リスク』の事を言います。

自分が得意とするトレード局面では最大の『リスク』を持ち、またその『リスク』に伴った収益は最大化されます。

正にこれこそがFXの最大の魅力だと私は感じています。

『悪いリスク』とは

『悪いリスク』とは、根拠の薄いトレード局面で『買い乗せ』や『売り下がり』の行為を行う事です。

こういった根拠の薄い局面では逆張りになる可能性があります。

一般トレーダーが使うナンピンと同じ行為です。

根拠の薄い局面では『リスク』を最低限に抑える事がFXでは重要です。

こういった局面でのトレードは潔く撤退するのが一番好ましいと私は思います。

 


マトメ

今回は『買い乗せ』と『売り下がり』について解説しました。

プロトレーダーと一般トレーダーの差はココにあると言っても過言では無いでしょう。

根拠の強い局面と、弱い局面でのトレードでは明確にオーダー量が変わることを知っておいて下さい。

これが『リスク』をコントロールするという事です。

 

買い乗せ、売り下がり

 

TOPページへ