FXでの『打診売り』とは

FXでの『打診売り』とは

『打診売り』とは、相場全般において使われる為替用語です。

『打診売り』とは、わかりやすく言うとマーケット(市場)の出方(反応)を探るため、小口の『売り注文』を出すことを指します。

これは相場がレンジに入り停滞している時や、相場における重要なポイント(レンジブレイクなどの局面)などで出される『売り注文』のことを指し、マーケットの反応が良ければ、その後、『売り増し』などの注文を重ねていくことに繋がる行為です。

また『打診買い』とは、『打診売り』とは反対方向へ、マーケットの反応を探るために小口の『買い注文』を出すことを言います。


【価値あるロジックの提供を始めます】

『FXは難しい、勝てる訳がない』と諦めていませんか?

FXはその場を切り取ったトレードをしても残念ながら勝てません。

本質は全く違う所にあります。

投資歴30年でようやく構築した独自のロジックを、『FXの極意(ハント・ダウン)』へ全てを記述し、公開する事にしました。

過去には私自身も『FXは絶対に勝てない』と諦めた一人ですが、現在このロジックを使用し、夢を一つ、また一つと実現しております。

『FXの極意(ハント・ダウン)』では、FXの本質を惜しみなく公開していきます。

あとはあなたのやる気次第です。

ご興味ある方は下のバナーをクリックして下さい。

FX、打診売りとは

【関連記事】

TOPページへ