FXでの『打診売り』とは

FXでの『打診売り』とは

 

『打診売り』は、相場全般において使われる為替用語です。

 

『打診売り』とは、わかりやすく言うとマーケット(市場)の出方(反応)を探るため、小口の『売り注文』を出す行為です。

これは相場がレンジに入り停滞している時や、相場における重要なポイント(レンジブレイクなどの局面)などで出される『売り注文』のことを指し、マーケットの反応が良ければ、その後、『売り増し』注文を重ねていくことに繋がる行為です。

 

また『打診買い』とは、『打診売り』とは反対方向へマーケットの反応を探るために小口の『買い注文』を出すことを言います。

 

 

 

お勧め記事

 

 

TOPページへ