『固定相場制とは』分かりやすく解説 

固定相場制とは、分かりやすく

『固定相場制とは』分かりやすく解説

英語表記: fixed exchange rate system

固定相場制』とは、世界各国の政府間で『為替レート』を固定、もしくは維持する制度(システム)の事を言います。

固定相場制』の導入は、『国際復興開発銀行(IBRD)』と『国際通貨基金(IMF)』が1944年に設立された事に始まり、戦勝国の代表としてアメリカを中心に『ブレトンウッズ協定』が締結された事により『固定相場制』が導入されます。

“『固定相場制とは』分かりやすく解説 ” の続きを読む

【マザーズ市場とは】わかりやすく解説

ドルペッグ制とは、分かりやすく

【マザーズ市場とは】わかりやすく解説

英語表記:Mothers:market of the high-growth and emerging stocks

『証券取引所』には、主要たるメインの『本則市場』と、セカンド市場ともいえる『新興市場』とに分別されます。

それぞれの市場へ上場する企業は『時価総額』や『流通株式数』、その他の厳しい基準をクリアーした企業ばかりです。

今回解説する『マザーズ市場』とは『新興市場』に分類され、いわゆる『ベンチャー企業』向けの市場となります。 “【マザーズ市場とは】わかりやすく解説” の続きを読む

【東京証券取引所とは】 簡単に解説

東京証券取引所とは、簡単に

【東京証券取引所とは】 簡単に解説

英語表記:Tokyo Stock Exchange

『東京証券取引所』とは、簡単に言うと日本最大の証券取引所になります。また『東京証券取引所』の通称名は『東証』と言い、これは『東京』と『証券取引所』の頭文字をとって略したものです。 “【東京証券取引所とは】 簡単に解説” の続きを読む

【ジャスダックとは】わかりやすく解説

ジャスダックとは、わかりやすく

【ジャスダックとは】わかりやすく解説

英語表記:Japan Association of Securities Dealers Automated Quotations(※直訳すると日本証券業協会自動見積り)

『ジャスダック』とは、上記(英語表記)のアタマ文字を取って『JASDAQ(ジャスダック)』と呼ばれています。

『ジャスダック』とは、東京証券取引所(東証)が運営・管理する株式市場の一つに当たります。わかりやすく言うと中小株を中心とした700社以上が上場する歴史ある日本の市場です。

『ジャスダック』は『マザーズ』と同様に、元々は新興企業銘柄など『ベンチャー企業』をメインに扱う市場でしたが、近年では新興企業とは言えない企業が多くを占めています。

これは『ジャスダック』の長い歴史と、店頭登録制度が発展した事に理由があります。2013年には876社が『ジャスダック』に上場企業として上場していましたが、2019年には720社と減少傾向が続いており、多くの優良銘柄が東証二部等へ市場を変更した背景があります。

 

ジャスダックとは、分かりやすく
ジャスダックを詳しく解説

“【ジャスダックとは】わかりやすく解説” の続きを読む

2021年最新版【FX】東京市場の休場日カレンダー

東京市場、休場日
 

2021年最新版『FX』東京市場休場日カレンダー

最新版、2021年東京市場の休場日(休み)一覧カレンダーです。

『国民の祝日に関する法律(祝日法)』の改正及び『その他祝日に関する特別法の制定等』により変更になる可能性があるので他の情報と併せてご覧下さい。

“2021年最新版【FX】東京市場の休場日カレンダー” の続きを読む