買い乗せと売り下がりは強い武器になる

買い上がり、売り下がり
 

『買い乗せ』『売り下がり』とは

今回は為替用語で使う、『買い乗せ』と『売り下がり』の意味について書き留めたいと思います。

一般トレーダーとプロトレーダーの収益の差は、決定的な違いがココにもあると私は考えています。

これからFXでの成功したいと思うなら、重要且つ必須のポイントとなりますので最後まで読んでみてください。

買い乗せ、売り下がり
買い乗せ、売り下がりとは

『買い乗せ』とは

では『買い乗せ』からイメージします。

例えば、あなたがロングポジションを保有していたと仮定します。

あなたの予測通りに相場はアップトレンドを形成し更に上昇する様相です。

この局面であなたは強気で『買い注文』を更に上乗せします。

この行為が『買い乗せ』です。

『売り下がり』とは

『売り下がり』とは『買い乗せ』とは逆で、ショートポジションにおいて『売り注文』を重ねていく行為です。

買い乗せ、売り下がり
買い乗せ、売り下がりはFXの魅力

『根拠』の強弱に依って使い分けをする

私はFXを始めて3年前後は殆ど勝てなかった時期があります。

理由はFXに必要な根拠ある『手法』と『正しい相場観』が無かったからです。

しかしこの3年間で努力を積み、根拠を一つ一つ増やしながら『相場観』を培ってきました。

FXは大きく分けて自分の得意とする局面(根拠が強い)と、得意じゃない(根拠が弱い)局面と2つあります。

例えば私を例に挙げると、得意とする局面では通常よりロットを多く注文し、レバレッジを上げます。

イメージしたターゲット値に到達すれば、次のターゲット値まで更に『買い乗せ』を行うといった感じです。

では得意じゃない局面(根拠が薄い場面)ではどうでしょうか。

私の場合はエントリーを極力抑えますが、注文を出したとしても『買い乗せ』は一切行いません。

みなさんはどうですか。

エントリー時のロット数やレバレッジは根拠の強弱よって変えていますか?

私は勝てない時期、エントリーからイグジットまで『単一ロット』でトレードを行い、今回解説する『買い乗せ&売り下がり』など一切行っていませんでした。

その結果、せっかく利益を伸ばせるポイントでも大きく『稼ぐ』こともなく、ある程度の資産を形成するまで必要以上に時間を要したのは言うまでもありません。

FXで根拠を持ちながら、なかなか収益を上げる事が出来ないトレーダーは、『買い乗せ』と『売り下がり』を上手く利用出来ていない事が大きな理由だと思います。

『買い乗せ』と『売り下がり』を上手く利用する事で、FXは収益を何倍にもする事が出来るのです。

買い乗せ、売り下がり
トレーダーはリスクをとる人のこと

『リスク』をコントロールする

例えばあなたの手法で根拠あるトレード局面があったとします。

オーダーするにあたり、あなたが考える『リスク量』が1だとします。

私はココで『リスク量10』をとるのです。

一般の方と比べると10倍以上は『リスク』をとる感じです。

これを聞くとビックリされると思いますが、これが一般トレーダーとプロトレーダーとの決定的な違いなのです。

但し気を付けて頂きたいのは、あくまで勝てる(強い根拠)手法を持ち合わせたトレーダーに限ってのお話です。

根拠の薄いトレードなら、『買い乗せと売り下がり』は只のギャンブルトレードになるという事も理解して下さい。

買い乗せ、売り下がり
リスクは2つ

『リスク』は2種類

一般トレーダーの殆どが、『リスク』という言葉を否定的に捉えていると思います。

私が考える『リスク』は2通りあり、『良いリスク』と『悪いリスク』です。

私が思うFXでの最大の魅力がココにもあります。

『良いリスク』とは

『良いリスク』とは、根拠ある局面での『リスク』の事を言います。

自分が得意とするトレード局面では最大の『リスク』を持ち、またその『リスク』に伴った収益は最大化されます。

正にこれこそがFXの最大の魅力だと私は感じています。

『悪いリスク』とは

『悪いリスク』とは、根拠の薄いトレード局面で『買い乗せ』や『売り下がり』の行為を行う事です。

こういった根拠の薄い局面では逆張りになる可能性があります。

一般トレーダーが使う『ナンピン』と同じ行為です。

根拠の薄い局面では『リスク』を最低限に抑える事がFXでは重要です。

こういった局面でのトレードは潔く撤退するのが一番好ましいと私は思います。

 


マトメ

今回は『買い乗せ』と『売り下がり』について解説しました。

プロトレーダーと一般トレーダーの差はココにあると言っても過言では無いでしょう。

根拠の強い局面と、弱い局面でのトレードでは明確にオーダー量が変わることを知っておいて下さい。

これが『リスク』をコントロールするという事です。

 

買い乗せ、売り下がり

 

TOPページへ

 

【ナンピン(難平)買いとは】FXでの意味をわかりやすく解説

ナンピン買いとは、FX
 

【ナンピン(難平)買いとは】FXでの意味をわかりやすく解説

『ナンピン(難平もしくは 何品と書く)』とは、株式やFX等の投資における相場の売買手法の事を指します。

株で例えると、買い建てした後に価格が下落した場合、下値で買い増しすることで、1株あたりの買い値(平均取得価格)を下げる手法の事を言います。

平均取得価格を低くする事により、その後の上げ幅が少なくても利益が出る、もしくはプラスマイナスゼロ、または軽微な損失で済むと言われている手法です。

ナンピン買いとは、FX
ナンピン買いは慎重に

『ナンピン(難平)』行為は推奨しません

ナンピンは漢字で『難平』と書きます。これは字のごとし『難を平にする』というイメージを持たれている方が多いと思うのですが、実は一概には言えません。

一般には含み損を『ナンピン』することにより平均コストを下げ、損失を抑えたり、利益も出せるイメージが湧くと思うのですが、決してそうではありません。

 


『ナンピン(難平)』の正体

例えば『ドル円』の価格が現レートで100円だったと想定します。

この時あなたは上がるだろうと判断し(円安/ドル高)、『ドル買い』を1単位(ロット)購入しました。

その後レートは逆行し98円まで下がったとします(円高/ドル安)

この時に『ナンピン』を仕掛けます。

例えばココで1単位(ロット)を買ったとします。(ナンピン)

この時点で平均の買いコストは99円に下がります。

レートがその後99円まで戻せば損益はプラスマイナス0で逃げ切れるということです。

計算式としては・・

(100円 + 98円) ÷ 2(単位・ロット) = 99円

となります。

ご理解いただけたでしょうか。

ココで1番大事なことは、『ナンピン』するにあたり、99円まで戻すという根拠が無ければいけないという事です。

しかし、残念ながら一般トレーダーの行う殆どの『ナンピン』は、こういった正当性のあるものではございません。

根拠も無しに行っている『ナンピン』が殆どで、こういった『ナンピン』は『ギャンブルトレード』になると認識しましょう。

一般トレーダーの方が『ナンピンで助かった!』みたいな話を良く聞きますが、私には只の偶然にしか思えません。

根拠の無い『ナンピン』は大きく負ける可能性があるということを知っておきましょう。

ナンピン買いとは、FX
やり方次第でナンピン買いは逆張りになる

『ナンピン(難平)』は『逆張り』の可能性がある

『ナンピン』は思惑方向にチャートが進まない時、平均コストを下げるために行う行為です。

コレは『逆張り』と言われるものです。

勝てる手法(レートが返ってくるという根拠)を持ち合わせたトレーダーなら逆張りは必然でしょう。

しかし勝てる手法(レートが返ってくるという根拠)も無いのに、何故こういった『逆張り』をする必要性があるのでしょうか。

思惑の方向に背くチャートなら直ちに『損切り』を行いましょう。

『損切』執行後も直ぐに入らず、チャートを自分なりに分析し、マーケットの流れに沿った『順張り』でポジションをとるのが安全策です。

 


『ナンピン(難平)』を客観視すると

では例をもう一つ見ましょう。

『ドル円相場』の現レートが100円だと想定します。

あなたは上がると想定し、ココで『ドル買い』のポジションを持ったとします。

しかしレートは逆行し、98円まで下がってロスカットされたとします。

あなたならココで直ぐ新規で『買い』を入れますか?

間違っても、あなたの想定した『円安/ドル買い』ではないのですよ。

普通ならココで『買い』は入れませんよね?

『ナンピン』はココで直ぐ『買い』を入れるといった行為なのです。

 


まとめ

一般トレーダーの方でも『ナンピンのナンピン(ナンピンの重ね打ち)』をされる方が多いのが現状です。

私からするとギャンブルにもほどがあるとしか思えません

残念なのは初心者等に教える立場の方で、この『ナンピン』をあたかも正当性がある行為と情報を発信されている方がFX界隈に多い現実があります。

初心者はこういった情報を間違っても鵜呑みにされないで下さい。

根拠なき『ナンピン』は破滅への第一歩だと知っておきましょう。

 

 

ナンピン買いとは、FX

 

TOPページへ

 

【通貨ペア】取引量ランキングベスト10

通貨ペア取引量ランキング
 

通貨ペアによる取引量ランキングベスト10

  1. EUR/USD (ユーロ/米ドル)
  2. USD/JPY (米ドル/日本円)
  3. GBP/USD (英ポンド/米ドル)
  4. AUD/USD (豪ドル/米ドル)
  5. USD/CAD (米ドル/カナダドル)
  6. USD/CNY (米ドル/人民元)
  7. USD/CHF (米ドル/スイスフラン)
  8. USD/HKD (米ドル/香港ドル)
  9. EUR/GBP (ユーロ/英ポンド)
  10. USD/KRW (米ドル/韓国ウォン)

上位は変わりませんね、カナダドルが意外と人気です。(2019年4月現在)

“【通貨ペア】取引量ランキングベスト10” の続きを読む

トレードノートの付け方は簡単。おすすめテンプレート/トレードノートの重要性

トレードノート、簡単
 

トレードノートの『テンプレート』はシンプルに

皆さんは『トレードノート』を書いていますか?

『トレードノート』とは簡単に説明すると、株やFXの取引(売買)履歴を総括し、マトメ上げたノート(日記)の事を指します。

“トレードノートの付け方は簡単。おすすめテンプレート/トレードノートの重要性” の続きを読む