【トレンドラインとは】FXでは重要テクニカル

トレンドラインとは、FX

トレンドラインとは

英語表記:TREND LINE

『トレンドライン』の『トレンド』とは、『傾向』や『動向』としての意味合いがあります。

文字通り上昇を伴う傾向があるなら『アップトレンド』、下降を伴う傾向があるなら『ダウントレンド』と言います。

FXでの『トレンドライン』とは、この『アップトレンド』や『ダウントレンド』を事象をよりわかりやすく確認するためのテクニカルラインだと思って下さい。

注:『トレンドライン』は『ダウ理論』と切っても切れない関係柄であり、トレーダーなら重要な必須項目でもあります。まだご存知ない方は、この機会に是非お読みください。


『トレンド』の種類

FXにおける『トレンド』は、大きく分けて以下に示す3種に区別できます。

  1. アップトレンド(上昇トレンド)
  2. ダウントレンド(下降トレンド)
  3. レンジ・バンド(レンジ帯)
1.アップトレンドでの『トレンドライン』の見方&引き方

『アップトレンド』における、『トレンドライン』の土台は『サポートライン(支持線)』になります。この『サポートライン』で反発したレートは一旦上昇し、『レジスタンスライン(抵抗線)』に当たります。この『レジスタンスライン』を突破する事により『トレンド』は形成され、また継続していくのです。では更に詳しく解説していきます。

トレンドラインとは、FX
アップトレンドで引くトレンドライン

上の参照図はドル円のローソク足チャートです。ここでは『アップトレンド』での『トレンドライン』について解説します。

先ずAの黒枠内をご覧ください。長くヒゲを伸ばした陰線のヒゲ先を『トレンドライン』の起点にし、Bにある『サポートライン』に接する陰線のヒゲ先に『トレンドライン』を引きます。(※トレンドラインの引き方は通貨ペアや時間軸、使用するトレーダーによって異なります。参考記事➡ココ

Aで反発したレートは上昇するも『サポートライン(この段階ではレジスタンスラインですがレートが突破することによりレジスタンスラインがサポートラインに変わるサポレジ転換を迎えます)』に抑えられ『トレンドライン』まで下降に転じます。その後、『トレンドライン』に当たったレートは再度反発し『サポートライン』の突破に成功します。その後はCまで上昇するも、『レジスタンスライン』に当たって反発し、再度下落に転じ『トレンドライン』に到達します。ここで一旦反発し、『レジスタンスライン』に再度突破を試みますがアタマを抑えられ(Cの黒枠)、『トレンドライン』をも割り込んで『トレンド』の終焉となります。

2.ダウントレンドでの『トレンドライン』の見方&引き方
トレンドラインとは、FX
ダウントレンドで引くトレンドライン

続いて上の参照図を使い、『ダウントレンド』での『トレンドライン』について解説します。

先ずAの黒枠内をご覧ください。長くヒゲを伸ばした陰線のヒゲ先を『トレンドライン』の起点にし、Bに位置する『レジスタンスライン』に接する陰線のヒゲ先に『トレンドライン』を引きます。

Aで反発したレートは下降するも『レジスタンスライン』と『サポートライン』に抑えられ、その結果Bの『トレンドライン』まで戻されています。その後、『トレンドライン』に当たったレートは再度反発し『サポートライン』の突破に成功します。その後は下降するも、Cの『トレンドライン』まで戻り、それを突破し、『サポートライン』をブレイクし『ダウントレンド』の終焉となります。

3.レンジ・バンド(レンジ帯)

“【トレンドラインとは】FXでは重要テクニカル” の続きを読む