【オプション取引とは 】わかりやすく解説

オプション取引とは、わかりやすく

オプション取引とは

『オプション取引』とは『デリバティブ』または『金融派生商品』とも言います。わかりやすく言うと、ある『金融商品』について、将来的な一定期間内に一定の数量を、『その時の市場価格』に関係なく、予め決められた価格で『買う権利』、もしくは『売る権利』を売買する取引の事を指します。 “【オプション取引とは 】わかりやすく解説” の続きを読む