【インターバンク市場のレートとは】わかりやすく解説

インターバンク市場、レート

『インターバンク市場』のレートとは

『インターバンク市場』のレートとは、外国為替市場における銀行間取引のレートのことを指します。

世界中の各金融機関同士が取引を行うので『インターバンクレート』は多数存在しますが、これらの中から有利なレートが選ばれ、最終的に銀行が顧客と取引する相場価格が決められています。

この対顧客に対するレートは『対顧客公示レート』として掲示され、『インターバンクレート』とは区別されています。

“【インターバンク市場のレートとは】わかりやすく解説” の続きを読む