トレーダーは目の健康が大切/ ブルーライト

目のケアやブルーライトについて解説

目の健康管理

チャート画面に朝から深夜まで、長時間張り付いた経験ならFXトレーダーの皆さんならありますよね。私はFX歴約10年ですが、一時は一日当たり20時間以上もチャートを見続けている時もありました。

もちろん視力にも影響が出だし、眼科に通いながら目の健康にようやく気遣いを始めます。今では目を気遣った甲斐もあり、元の視力にほぼ戻りつつあります。

今回はこういった自身の経験を通し、日々チャートと向かい合っているトレーダーに少しでも私の経験が役に立たないものかと思いブログへ書き留めていきます。

トレーダーは一般の方達よりも目を酷使するので、より一層目の健康維持には気配りが必要だと私は思います。

意外と『目の健康』については軽視されている方が多いみたいですね。

しかし目が悪くなるとチャートの解析率も悪くなり、最悪は酷使する事がキッカケで失明等にでもなれば本末転倒です。


目にインターバルを与える重要性

私はトレードを始めた頃はそこそこあった視力も一時はガタ落ちに転じます。

今はトレードの合間を縫って2-3時間に1回(10〜15分程度)は目を休めるよう心掛けています。

休憩と言うよりインターバルに近い感覚です。

コレをとることによって、私はより一層トレードにも集中できるようにもなりましたので皆さんにも是非おすすめします。

因みに目を休める時、私は温湿布か蒸しタオルで目の周りを覆います。

知り合いの眼科医に聞いたのですがコレが実に目に優しいんです。

ホントに気持ちが良いですし、目の血行を良くし、神経や筋肉を解してくれるみたいですね。

目のケアをしていなかった当初、トレード翌朝には目がパンパンに腫れていたのですが、こういったケアを始めてから症状が緩和されたのは言うまでもありません。

みなさんも良かったら是非一度試して下さい。


チャート画面

みなさんのチャート画面の背景色は何色に設定されていますか?私は当初、自分なりの考えで根拠なく『目には黒が優しい』と勝手な概念を持っていました。

設定としてチャート背景色は『黒』でローソクは『白』といった感じです。そんなこんなで2〜3年間はこの設定でトレードを行っていました。

続けていく中、視力もドンドン落ちだしたので、知り合いの眼科医に相談して言われたのが『モニターの設定が悪い』という事でした。

話を聞くとパソコンのモニター画面は紙に書かれたものを読むのとは違い、光源そのもの(光る画面)を見ることになるので読書よりも目にも相当な負担がかかっているとのことです。

画面を黒く(暗く)することで光の量を抑えようという考えが、この「チャート背景色を黒にする」という方法だったのです。

実はココに『落とし穴』があるみたいです。

チャートの背景を黒にすることにより、目に入ってくる『光量』は確かに減ります。

人の目は暗い場所にいる時もしくは暗いモノを見ている時、できるだけ多くの光を目に入れようとするために瞳孔と呼ばれる部分が広げるのを皆さんはご存知でしょうか。

つまりモニター画面を黒い背景色で設定していると、普段より広がった瞳孔でモニター画面を見ていることになるのです。

この普段より瞳孔が大きく開いた状態で、黒い背景色に浮かんだ明るいローソク足等を見続けることは、常に眩しい状態に目を晒すことになり、極端に言うと『目くらまし』を目に与えているのと同じような行為だと教えて頂いたのです。

つまり、いくら背景色を黒で暗くしていても、そこに表示されるローソク足等が明るいと、かえって目に大きな負担がかかってしまうという事実です。

例えば天気の良い日にドライブをしていて対向車のヘッドライトが仮にハイビームで走っていても眩しいと日中では殆ど感じませんよね。

では同じ条件で夜間ではどうでしょうか?

夜間ならこのような対向車が来ようものなら眩しくて真面に運転できない状態に陥ります。

これは夜間における運転で目の瞳孔が開き、少しでも多くの光を取り入れようとしている状態の中でヘッドライトの光が目に入ってくるために起る症状です。

残念ながら無知な私はコレと同じことを長期間続けてきたと思います。


モニター画面の設定法

ではモニターをどういった設定にすれば目に優しくなるのでしょうか。

モニターで先ず設定して欲しいのが「明るさ(輝度)」です。

私はSNSでやり方を知ったのですが皆さんにもお勧めします。

先ず『白い紙』を1枚用意して下さい。

コピー用紙等でも構いません。

「白い紙」を「白いモニター画面」を横に並べ、どちらも同じように見えるようにモニターの明るさを調整するといったやり方です。

この調整方法であなたの『目に優しい』適切な照度が得られるという事です。

ではもう少し細かく説明します。

  1. ウィンドウズ標準装備アプリの「メモ帳」を起動して下さい。
  2. そのウインドウを「全画面表示」にします。
  3. 用意した『白い紙』をモニター画面横に並べ、視線を何度も行き来させて見て下さい。モニター画面がまぶしく感じない程度の明るさに設定します。(※文字がプリントされた紙と、文字が表示された「メモ帳」の画面を並べて見るのも良い比較対象になるみたいです)
  4. 同じような見え方(明るさ)になればオッケーです。

ブルーライトとは

ブルーライトとは、人間が目で見ることのできる光の中で、一番紫外線に近いもので波長が短く「強いエネルギー」を持つ光の事だそうです。
 
この光を長時間浴びると身体に色んな悪影響を及ぼすと考えられており、特にブルーライトが強い状態のパソコンのモニターやスマホ画面を長時間見つづけていると目のちらつき、目の表面や奥の痛み、イライラ感や集中力の低下といった様々な症状を招くらしいのです。
 
『ブルーライト』のどれをとってみても『トレーダー』には良くないのがココで良く分かります。
 

今のパソコンやスマホは進化され、ディスプレイを細かく調整できるタイプも数多く販売されています。

私はトレードをメインで使用するのはデスクトップもしくはノートです。

OSがウィンドウズ(10)なので照度及びブルーライト対策が設定で簡単に行えるようになっています。

同じOSを使っている方で未だ設定されていないのなら直ぐに設定される事を推奨します(設定➡システム➡ディスプレイ➡夜間モード➡今すぐ有効にする)


大切なのは『ブルーライト』を極力抑えるということです。

トレーダーはモニターを長時間見続ける事が多々あります

ただせさえ椅子に座ってPCと長時間向き合うだけでも身体や精神への負担は計り知れません。

こういった環境の中、いかにカラダに悪い『ブルーライト』を排除、もしくは抑えるかがトレードを長く継続していくには必要ではないのでしょうか。


ブルーライト対策

ブルーライト対策を行うには先ずモニター画面の「色温度」を下げることが重要みたいです。

ブルーライトをカットする専用のメガネを使うといった方法(もちろん私は使用しています。)もありますが直ぐ、簡単に出来る対策が、この「色温度」を下げることです。


『色温度』

色温度とは太陽光や自然光、人工的な照明などの光源が発する光の色を表すための尺度のことです。

単位はケルビンで光源の温度や明るさとは関係ないみたいですね。

例えば暖色系(赤やオレンジカラー)は「色温度が低い」、寒色系(ブルーやパープル)は「色温度が高い」といった感じです。

パソコンのモニター画面やスマホのディスプレイには、この色温度を調整する機能がつく機種もあり、これらを調整することによってブルーライトを低く抑える事が可能となります。

つまりモニター画面の色温度を下げることで、画面の色を全体的に「暖色系」に変えることができます。

その結果ブルーライトを抑えられるという訳です。


『ブルーカラーのローソク足』

よくチャート画面で拝見するのがこの『ブルーカラーのローソク足』です。

これまで書き示してきた内容を読んで頂いていたらお察し頂けると思いますがこの『ブルーカラー』がいかに目に悪いか・・・

私もご多分に漏れず『ブルーカラーローソク足』の愛好者の一人でもあります。

読者の中には私と同じで長年続けてきた事もあり、今更色を変えてまで・・みたいな方もいらっしゃると思います。

そういった方は先述した色温度をグッと下げてみて下さい。

人の目は本当に不思議なのですが色温度を下げた直後は『ローソク』が『ブルー』に見えず違和感を感じるのですが、時間の経過と共に以前の『ブルーカラーローソク』に見え始めるのです。

是非試してみて下さい。

ですから、グッと下げた色温度のモニター画面でも、以前と同じように「青いローソク足だ」と感じられるようになるはずです。


マトメ

前回の記事で詳しく書きましたがモニターの背景色が黒い(暗い)といって目に優しいとは限りません。

PCのモニター画面やスマホのディスプレイの背景色が暗いと表示されているローソク足等の明るさが際立ち、この結果瞳孔が開いて目の負担となります。

背景色が白や黒であっても明るさを適切にすることが目に優しいという事です。

ブルーライトを低く抑えることも重要ですが、モニター画面の「色温度」を調整する事も非常に効果的なのも理解できたと思います。

【関連記事】

TOPページへ