【ジャスダックとは】わかりやすく解説

ジャスダックとは、わかりやすく

【ジャスダックとは】わかりやすく解説

英語表記:Japan Association of Securities Dealers Automated Quotations(※直訳すると日本証券業協会自動見積り)

『ジャスダック』とは、上記(英語表記)のアタマ文字を取って『JASDAQ(ジャスダック)』と呼ばれています。

『ジャスダック』とは、東京証券取引所(東証)が運営・管理する株式市場の一つに当たります。わかりやすく言うと中小株を中心とした700社以上が上場する歴史ある日本の市場です。

 

『ジャスダック』は『マザーズ』と同様に、元々は新興企業銘柄など『ベンチャー企業』をメインに扱う市場でしたが、近年では新興企業とは言えない企業が多くを占めています。

これは『ジャスダック』の長い歴史と、店頭登録制度が発展した事に理由があります。2013年には876社が『ジャスダック』に上場企業として上場していましたが、2019年には720社と減少傾向が続いており、多くの優良銘柄が東証二部等へ市場を変更した背景があります。

 

 

ジャスダックとは、分かりやすく
ジャスダックを詳しく解説

“【ジャスダックとは】わかりやすく解説” の続きを読む